女性クライアントさんについて

開業して1~2年くらい経ったとき、ある男性クライアントさんから言われて印象に残っていることがあります。

「前の人女性だったね」
「いい仕事だねぇ。女の体を触れて」

何てことを!とその時は思いました。ちょっとショックでもありました。そんな目で見られてたなんて! 冗談じゃないと思いましたが、そこは平静を装って応じました。

「仕事ですからね。そんなこと意識したら、次回来ませんよ」

「そりゃそうだね」、と言われましたが、そう見られていることは確かです。

その患者さんは、ざっくばらんで話し好きで、人はいいのですが、ちょっと発言がストレート過ぎるときもある方でした。でも、参考にはなりましたが…

何度か、受付に女性がいるかどうか、女性から問い合わせがありました。

「僕一人でやっています」

と答えると、

「あ、そうですか。それじゃちょっと考えてみます」

と言われました。 そんなことわざわざ聞く人は、それきりかけてはきません。

男一人の部屋に、女一人で入るのは抵抗があるからと、
「友達と一緒(付き添いとして)でもいいですか? 」と聞かれたこともあります。 彼氏か夫同伴の女性もたまにいらっしゃいます。

そうだろうなぁとは思います。女性クライアントさんのほうが多いだけに、男一人で、人様の体に触れる仕事をするというのは、やはりハンデだと思います。

でも、実際のところ、施術中の意識と男としての意識は別ものです。来院された方の体が楽になるようにすることに意識は向いているのですから。施術では、体を診て触るわけですが、見るポイントが全く違います。歪みを診る、触るときには、筋肉の状態を感じるなど、身体の情報収集しているのです。

とはいっても、女性クライアントさんにとって、僕は異性です。だから、体に触れるときには、何のためにその部分に触れるのかを、最初のうちは、逐一説明して声をかけ、許可を得てからにしています。

一人で来院してくれている女性の方々の、その勇気?!に敬意と感謝を捧げたいと思います。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….