プロ意識を考える

会社で働いていたときの仕事に対する意識は、給料の分だけ働けばいい、そう思っていました。

それ以上働いたと感じたとき(非常に忙しかったり、要求されるレベルを超える成果を揚げた場合、自分の意識としてはかなりがんばったと感じたとき)は、ボーナスや昇給でそれ相応(と自分が期待する程度)のものを期待し、要求できるときはしてきました。

これは多くの標準的サラリーマンの労働意識に近いと思いますが、サラリーマン時代は、最初に給料ありきだったと、自分で整体という仕事をはじめてから、よくわかりました。

自分で仕事を作り営業していくということは、最初に売り上げや利益ありきではないことが、現実として理解できます。

最初に商品(製品やサービス)ありきなのが、商売というものです。

売上げ目標は必要ですが、売り上げ(利益)は、その商品が顧客(=社会)に受け入れられてから手にするものです。いくら欲しいから、それが得られる仕事を(探してきて)するというのは、雇われる人間(人に使われる人)の考え方だと思います。

この前提でプロ意識とは何か?を考えてみました。

プロ意識とは、自分の(企業なら会社の)商品(製品やサービス)を消費者(顧客)に買っていただいたときに、顧客に自分の商品にお金を使ったことが正解だった、よかった、満足した、幸せになったと感じていただくような商品を提供するのが自分の責任だと思って仕事をする人のことだと思います。

だから、商品をとにかく売ればいい、という姿勢では、本当のプロとは言えないと思っています。買った後で、後悔させるようでは、プロ失格だと思います。もちろん100%満足させることは、相当に難しいことではありますが、それを目指すべきだとは思います。

クライアントさんに僕の施術を受けて、当院に来て、よかったと思っていただけるような仕事をすること。さらに言えば、当院に来て、幸せになって帰ってもらえたら、言うことはありません。

それが、整体師としての、僕のプロ意識です!


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

価値観・考え方

Posted by 小林昌弘