プロになるのは大変

少し古いデータですが、歯科医の5人に1人は年収が300万以下で、新規開業した歯科医院の30%が3年で経営危機に陥るか閉鎖に追い込まれているそうです。

今やコンビニより歯科医院の数が多くなっている(コンビニは約4万件、歯科医院は6万7,441件(2006年調べ))のが、その最大の原因のようです。

以前は、高収入の職業のいひとつとして数えられていた歯科医ですが、需給のバランスが崩れるとこうなるというひとつの典型例です。

国家資格の歯科医でさえこうなのだから、民間資格、無資格でも開業できる整体院などは、よほどの覚悟と努力をもっていなければ、生計を立てていくことが難しいです。

整体学校、柔道整復、鍼灸の学校も乱立しています。卒業生の数はうなぎ昇りに増えていますが、実際に開業し成り立っている人は、ごく一部のようです。

技の習得は当然のことですが、それだけで食べていけるほど、この世界は甘くはありません。

会話術、接客応対法、医学的な基礎知識、会計の知識、営業宣伝力、人柄などが備わっていないと、この世界で生き残っていくことは難しいと思います。

整体師になる前、僕は大きく分けて、3つほどの職業を経験してきましたが(イラストレーター、デザイナー、プランナー、ディレクター、タクシードライバー)、どの職業でも技術だけ、知識だけでやっていけるほどカンタンでも甘くもありませんでした。

デザイナー、イラストレーターでも、プランナー、ディレクターならなおさらのこと、レベル以上のデザインができてもプロとしては当たり前です。絵がうまいのは、イラストレーターとして当然のことです。企画できないプランナーやディレクションできないディレクターなどあり得ないのは言うまでもないが、同僚や上司、クライアントとちゃんとしたコミュニケーションが取れない人は、プロとしてはやっていけないし、ディレクター、プランナーなら、さらに折衝能力や人を使う能力、営業力経費計算などの能力も必要です。

タクシードライバーでさえ、運転ができればプロになれるわけではありません。地理、道順を知るのは当然ですが、基本的計算能力やある程度の接客対人能力がないと、都心部では、お客とのトラブルが頻発し、やっていけなくなります。規制緩和で町にタクシーは溢れているから、お客がいる場所、時間帯を頭に叩き込み、獲物を探すような感覚で頭を働かさないと、営業収入は上がらないのです。

何かを成すためには、運や人との巡り合わせ、タイミングが大切だと、成功した人ほどよくいいますが、それは人為的にはなかなかコントロールできるものではないと思います。

だから、運や境遇が揃っていて、たまたま成功した人の例は、一般化はできないし、さらに、境遇や資質、性格が同様でない場合は、あまり参考になりません。

必要だと思うことを自分で考え、実行できることを全力でやりつつ、試行錯誤していくしか、道を切り開いて行くことはできないと思います。

今のような経済状況とシステムの下では、どんな仕事でも、よほどの覚悟と思考、行動する努力がないと生き残っていくのは難しいと思います。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

社会・経済・政治関連

Posted by 小林昌弘