自由と真の繁栄への道

自分のやったことの結果から逃げずに、しっかりと引き受けること以外に、完全な自由への道はないと思います。

2011年3月に起きた震災と原発事故以来、多くの人々は、自分の生活と人生観を見直し、建て直す必要に迫られていると思います。

逆境に出遭ったなら、その意味を自らに問いかけて、精神的、霊的なことの必要性に気づき、人生の目的を問いかけ直すことです。

その答えが心底から納得でき、体感できるものであるなら、逆境の克服への道を歩み始めたといえるでしょう。

いま世界で起きている自然と社会・経済的大変動は、人類が精神性と霊性に目覚め、進化の次のステージに進むためのチャンスなのです。

適切な政治的関心社会的行動の必要性に目覚め、自らの行動が地球規模の倫理に照らして整合性がある世界を実現する必要があります。

ほとんどの人々は自分を肉体的に存在させるための必要性については、とても敏感ですが、精神的、霊的な側面の必要性と必然性については、あまり自覚的ではないし、気づいてさえいない人びとも少なくないようです。

人間の幸福の本質は、物質的なものではないことは、多くの哲学者や宗教家が指摘している通りだと思います。

物質的なものは、幸福の構成要件であっても、絶対条件ではないし、十分条件でさえないのです。

快適な生活を望むことは非難も批判もされるべきではありませんが、人は物資的な幸福だけでは、決して満足できないものであることも確かです。

常に物欲を最優先しそれを望み続けることができる人なら、物質的な幸福を得るのに、特別な才能は不要かも知れません。

ひとたび物資的な富だけを追求し続けはじめたなら、どんなに富を得たとしても、決して満足することはできなくなるようです。より多く、さらに多くの目に見える形の富を貪り続ける無間地獄、餓鬼道に落ちていくような気がします。

物質的なものに永遠の価値などないのです。

それには絶対的な価値などなく、価値は常に相対的でしかなく、その意味で常に卑小で有限で一時的な価値しか持たないのです。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

価値観・考え方

Posted by 小林昌弘