時間は未来から現在、過去へと流れる?!

時間は普通、過去から現在、未来へと流れていくという認識です。

苫米地という脳科学者の著書に、それと逆のことが書かれていました。

時間は未来から現在に流れているというのです!過去は現在が決めるとも。

最初は、単に、「未来」と「過去」を言葉として入れ替えただけだと思いました。あるいは、誤植(文字のうち間違い)だとも。

でも、確かに「未来から現在、過去への時間は流れていく」と書かれていました。

意味がわからなないまま、なんかモヤモヤした気分でそのまま放置しておいたのですが、しばらく考えていたら、ああ、こういうことか!と閃きました!

「時間」という既成概念に囚われていたから、意味不明だったのですが、「時間」を「人の意識の流れ」という風に読み替えるとその通りだと納得できたのです。 それは、こういうことです。

時間は人の意識の流れ、あるいは、世界を認識するひとつの尺度と言い換えてもいい。

だから、未来は人の意識の中にしかないことになる。

人の行動は、意識(意志や欲望)が先行する。

無意識、本能的な行動というのは、瞬間的な反応としてしか存在し得ない。

だから、未来を作り出すのは、人の欲望や意識だ。それが無いとしたら、未来がないということだ。

未来を輝かしいものにしたければ、自分が実現したい夢や目標があるなら、それを、既に実現したものとして可能な限りリアルにイメージすること自体が、未来を創造することにつながる。

だから、現在の結果が未来になるのではなく、未来の結果が現在なのだと考える。

未来から現在に時間は流れることになる。

現在が過去を作るというのも、その流れですが、過去の意味を決めるのは、現在(の自分)だと考えれば、納得できます。

いわば、これは自己実現、夢の実現方法なのです。

みじめな未来、さえない未来、嫌な未来を描く者は、現時点でもみじめでさえないだろうし、逆に輝かしい未来、夢を実現し充実した人生を送っている自分を未来に描く者は、今も輝いていることでしょう。現在は未来が作る(結果)なのですから。

過去を後悔と共に思い出す(評価)する者は、現在をも後悔に満ちたものにしています。

その意味においては、人は自分が考えた(イメージ)した通りになるし、感じた通りの過去を持つことになります。

人の世界は脳が作り出す情報だとすると(科学的に言えば、実際そう表現できる) 、「意識を変えれば世界が変わる」し、「人が(本心で)思うことは、全て実現する」ことになります。

成功哲学の最もポピュラーな表現として
「思考が現実になる」
というのは、世界が脳内の情報処理の結果だとすれば、
ごく当たり前のことになります。

ただ、これはあくまで概念、観念なので、そのまま世界規模で現実に当てはめることはできないはずです。他者の意思や思惑、利害関係などが複雑にからんでくるからです。自然現象も関与してきますし。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

価値観・考え方

Posted by 小林昌弘