人に好かれるために

人に好かれる人は、好かれたいと思っています。

異性にモテたいと思っている人も、モテたいと望んでいます。

人から好かれたくないと思っている人で、いろんな人から好かれる人というのは、とても少ない例外的存在です。

異性にモテる人は、モテるように行動しています、無意識にせよ。

人に好かれない、異性にモテないと悩んでいる人は少なくないと思いますが、何もせずに人からの好意を得ることなど、めったにないことです。
よほどの美形なら別ですが…

人に好かれる(モテる)条件はいくつかあります。

(1)清潔で身だしなみに気を使っていること。
体を不潔にしないで、髪形を整え、服装にも気を配るということです。

(2)誰にでも親切にすること。
好きな人や利害関係のある人(友人、上司、親戚など)に親切にするのは、当然のことで、誰でもやっていることですが、部下やウエイトレス、ちょっとしたきっかけで知り合った人、道端で困っている人などに親切にできるような人が、人に嫌われることはめったにないでしょう。

(3)自分を好きになること。
よく言われることかも知れませんが、自分が嫌いな人は、人の好意を素直に受け入れることができません。劣等感の強い人も同じです。

(4)人を好きになること。
たいていの人は、自分に好意を持っている人をよほどのことがない限り、嫌いにはなれません。

(5)人と話をするときに、まっすぐ相手の目を見て、視線が合ったら微笑むこと(時と場合、相手にもよりますが)。特に異性に好かれたいと思ったら、これは大切なことです。でも、日本人はシャイな人が多いので、恋人でもない限り、あまり長時間、目を見つめるのは相手を緊張させるかも知れませんね。

(6)いい匂いがすること。
男性なら、無臭に近い方が無難かも知れませんが、女性の場合はほんのりと体臭とまじりあったかすかな香水やシャンプー。石鹸の匂いは、男にとってとても魅力的です。

(7)さりげなくボティタッチができること。
あくまでさりげなく自然にですが、好意や共感を示すときやちょっとたしなめるときなどに相手の体に触れることができる人はモテます、とくに女性の場合は。

人との接し方は、親の影響や幼児、少年期の体験の影響が強く出ます。
親が無愛想で良好な人間関係が築けない人だと、子供も人間観関係で苦労するようですし、小さいときに無視されていたり、裏切られたり、尊重されず、愛されてなかったりした人は、成人してからも寂しい思いや苦労することが多いと思います。

人はいろんな境遇に生まれ、いろんな異なった経験をして成長していきます。親兄弟を大切にとか、友人は大切にとか、素直が大切などということは、反論できないほど「正しい」ことですが、感情的、精神的にそれができない、抵抗感が強すぎる人もいることは確かです。

自分にはできないと思えることもあるので、できないことに拘るより、できることに集中したほうがいいでしょう。その方が楽に成果があがるはずです!


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….