遺伝子組み換え食品は危険! – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

"http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/76/0000263176/14/img0f0223eczik1zj.jpeg"

※上の裸の鶏は毛をむしる工程を短縮する為に遺伝子操作で改良?されている。

遺伝子組み替え食品の禁止を勧告(全米医師協会)

●遺伝子組み替え作物は人体に有害であるので、使用禁止するよう勧告。

●ただちに長期的安全試験の実施及び遺伝子組替え食品のラベル表示を実施すべきである。

●患者や、医療業界に対し、遺伝子組替え食品を避けるように教育すべきである。

●人体に対する遺伝子組み替え食品の影響を調査研究するため第三者機関での科学的研究データを蓄積すべきである。

との方針を示した。

この勧告は、これまでの多数の動物実験の結果、遺伝子組み替え食品が体内の内蔵器官に対して有害である事が判明した事に基づいて発表された。

不妊症、免疫不全、老化促進、肝臓、腎臓、脾臓、胃腸器官において、コレステロール合成やインシュリンの分泌不全、細胞生成不全、蛋白生成不全等の遺伝子的不全が起きた。

喘息、アレルギー、炎症を伴うサイトカニンの分泌亢進。脂質、糖質の肝臓内での異常な代謝活動。活性酸素蓄積による老化促進、腎臓の異変。 

遺伝子組み替えコーンによるネズミの顕著な不妊症が見られた。

又 腸管免疫システムを傷つけ、異常細胞増殖を発生させ、腸内に対してダメージを与える。




赤むけの裸の鳥も相当グロテスクですね。海外の英語サイトを翻訳して重要ニュースを紹介してくれている人のブログがソースなので、やらせのニュースや写真ではないと思います。

遺伝子組み換えの目的は、企業利益の極大化ですから、飼育されてる家畜の健康など二の次ですし、消費者の健康すら、表に出なければいい、因果関係がわからないければ問題ないというのが、企業側の基本的態度と考えるべきでしょう。

野菜も、記憶では、農薬(殺虫剤)に強い品種改良とか、とんでもないものが出てきてるようです。

それを推進しているのは、もちろんグローバル企業ですが、それが世の中の流れだからしかたがないと思っている多くの消費者も、異議を唱えない、黙っているという態度で、間接的にしろ推進に一役買っていることは確かです。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

食生活について

Posted by desk@toiee.jp