医師と製薬会社の営業 – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

現在の日本の医師(特に内科・精神科関連)の実態は、機械的に診断・投薬するだけの、製薬会社の営業担当だと言ったら言い過ぎでしょうけど、それに近い医師も多数いることは確かだと感じています。

医師の中には、薬の副作用に関してあまり知識がない人もいるようです。医薬品添付文書に記載されている「警告」や「重要な基本的注意」すらちゃんと読まずに処方していることもあると聞きます。

薬の処方に関して特に酷いのは、精神科医だという話を聞いたことがあります。製薬会社との金銭的癒着が蔓延していて、治療=薬の処方 という図式が出来上がっているそうです。
実際に、病院に出入りする製薬会社の社員が置いていく薬の宣伝文章を読むだけで薬を処方する医者が少なくないようです。

問題は、薬の処方が過剰に多いだけでなく、薬の使い方自体も、科学的根拠に基づいていないことが多いといいます。

この問題の主な原因は、製薬会社から大学の教授などが研究費をもらっているからです。製薬会社の売上げを上げるためには、できるだけ多くの種類の薬を頻繁に出すことが効果的です。医療保険の点数も、薬の処方を増やせばそれに比例して増えるので、医師や病院の収入増につながります。

薬の処方を減らせば、医療機関の売上は確実に減ります。確実に治療効果があり、副作用も少ない薬は処方し服用する価値が十分ありますし、必要不可欠といえるでしょう。

しかし、科学的根拠に基づいた患者の健康のための医療ではなく、医師・病院・製薬会などの金銭的利益を増やすための「医療」は、明らかに間違っています。

民間療法を非科学的と非難する医師は少なくないようですが、科学的根拠より経済的根拠に基づいた医療方針の医師や病院は、確かに存在すると思います(もちろん民間療法の治療院でも同様ですが)。

このような構造になっているため、日本の医療費のかなりの部分は、病院や医師を素通りして医療周辺産業(製薬会社や医療機器会社、医療材料会社、検査会社)へと流れて行きます。

処方薬を飲み切らないと答えた人が7割強もいるそうです。抗生物質など、処方された量を完全に飲みきらないと、再発の危険がある薬もありますが、その抗生物質も含めて、日本の病院は、薬を出しすぎると、患者自身が判断しているとも言える結果だと思います。

個々の症状に対応した薬を出し、その副作用を抑える薬も出し、さらにそれらの副作用が出たら、またその副作用を抑えるための薬を処方する。このようにして、処方される薬は雪だるま式に増えていくのです。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

Posted by desk@toiee.jp