精神が病んでる人

今まで数百人の方に来院していただいてますが、印象に残ってる人が何人かいます。その中の何人かは、否定的な意味での印象です。

ダントツだったのは、40代半ばの女性でした。かなりの肥満体で大柄、乳房が極端に大きかったのをおぼえてます。

予約時間に連絡無しで10分遅れたのは、まあよしとしても、遅れてすみませんのひと言もない方でした。駐車場の場所教えてるのに、違う所に停める。うちの隣の高校に通学してたというから、「この辺は詳しいんですね」というと、「こんな小路まで入ったことないから知らない」と答えるといった調子です。世間話程度のことでも、ことごとく逆らう感じでした。

話し方も要領を得ないので、何度か聞き返したり、症状について詳しく聞くと「そんなこと覚えてない。クドク聞くなら帰ろうか!」と一緒に来た旦那に、こちらが目の前にいるのに言うような方でした。

ふくらはぎが痛むのに「脛が痛む」とか言い、膝を怪我したとき内出血したというから、場所を正確に確認しようとすると「そんなこと覚えてない。どうしてそんなこと聞くの?」と言い出してから話がこじれてきました。説明があいまいだから、念を押す聞き方をしたのですが、それが彼女の逆鱗に触れたようなのです。でも、その態度は、こちらの許容限度を超えていました。

当然施術はしませんでした。できなかったと言ったほうがいいと思います。「症状を聞いても答えられないようなら、施術は無理です」と言ったら、怒って「こんな所来るんじゃなかった!」と捨て台詞を吐くような人でした。

帰り際に「頭おかしいんじゃないの?」とドアを出た後旦那と話してたが聞こえました。失礼極まりない態度ですが、問診票に鬱病と書かれてたので、精神を病んでるんだからしょうがないと心を鎮めました。

精神的な雰囲気がネガティブな方でしたが、来院動機は、体調不良でした。足裏、足首、ふくらはぎが半年以上も痛み、整形外科では治らないので、仕事をしてる夫が調べて予約の電話をして来たことからわかるように、何でも人任せの人のようです。問診票すら、「メールで書いたのに、また書くの?」と言われました。痛みと鬱病で精神的に余裕がないのはわかりますが、こんな人間もいるんだなとちょっと驚くほどの人でした。正直に言えば、たとえお客さんでも、関わりたくない種類の人でした。

お客さんへの批判をブログに書くのは営業的にも人格的にもまずいのはわかっていますが、一人でやってると、こういう場合、溜まった負のエネルギーを発散、解放する相手がいないので書いて発散してる面は否定できません。

ストレス抱えたままでは、施術にも悪影響が出るからです。書くことでトラブルの経緯が整理できるのも確かですから。彼女はキャンセル料は払わなかったから、お客ですらないですが…。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

2013-07-10心と体の関係

Posted by desk@toiee.jp