治療は科学的根拠より効果が大切 – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

医療現場では、治療方法の是非を問う基準として、科学(医学)的根拠の有無と重視しますが、良い治療かどうかの判断基準は、患者さんが回復したかどうかで判断されるべきだと考えています。

結果がいい治療法が科学的根拠があるかどうかは、患者さんにとっては二の次のはずです。科学的根拠は確かだが、治療効果があまり無い「治療」など、意味がありません。少なくとも患者にとってはそうです。

科学万能、至上主義の現代の価値観のもとでは、治療効果のある方法を世間的に認知させるために、後付で科学的な説明を見つけているに過ぎないと思います。この薬や手術方法は効果があるはずだという期待を裏づけする臨床結果を選んで発表している傾向が強いはずです。

治療方法の科学的根拠や技術的正確さより、医師や治療家の自分の治療(施術)への確信の度合いのほうが、治療効果を高める上では重要な場合はあると考えています。方法論的には正しくとも、気の無い治療や漫然と手続きをこなすかのような治療をしていては、治るものも治らない気がします。

治療(施術)が車など機械類の修理と決定的に違う点は、同じように施術しても、同じようには治らない場合が多々あるということです。だから、この手法(手技)を使えば、この部分の痛みが確実に取れるというほど、人間の身体は単純にはできていません。

人間の場合は心理面、精神面が体に強く影響を与えますし、身体状況(体調)は、精神面に影響を与えます。だから治療(施術)は、機械を修理するような考え方では、うまくいかないことが多いのです。

理屈はわからないが、何となくこの部分をこう動かしたら治るのではないかというような、勘が働くのが、優れた治療家と言えると思います。この不調、症状には、この手技が効くというのはあるが、あくまでそれは最大公約数的に多くの場合には適応すると言っているに過ぎません。

内田樹がブログで同様のことを書いていましたが(彼は治療家の池上先生と親しい)、「(理屈では)よくわからないことが、(直感で)わかるという特殊な能力」を高いレベルで維持するためには、「したくないことはしない」(したいことだけをする)ことだと言っています。確かに義務感で生きていては、勘は鈍ってくると思います。

これは言い換えれば我がままということですが、相手や関係者の気持ちと都合、事情を考慮し尊重しつつも、自分がやりたくないことはやらない。したいことはする態度が、治療家だけでなく、創造的な仕事をする必要のある人たちの必須なのだと思います。

僕は絵をかなり真剣に描いてたことがあります。その経験からも、いい絵を描く人で、義務的に生きてたり、したくもないことをいやいやしているような生活態度の人には出合ったことがありませんでした。そういう面では僕も我がままな面があると思います。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

整体について

Posted by desk@toiee.jp