回転寿司はなぜ安いのか? – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

私たちが食べる魚、特に安いものの多くは養殖物です。養殖魚は狭い生け簀での大量飼育だから病気が多く、抗生物質無しでは生育できません。抗生物質を大量に与えられた魚は奇形が発生しやすくなります。片目しかない、両目がない、体がねじ曲がっているなどの奇形魚が実際に発生しているのをご存知でしょうか?

常識的に考えれば、これらは廃棄すべきですが、実際は回転寿司用のネタとして流通しているのです。最近の奇形魚は綺麗な切り身で納品されるので、店が気付かない場合もありますが、業者と店が示し合わせてやっている場合もあるそうです。通常、抗生物質を与えたら2週間は出荷できないそうですが、2週間待たずに出荷してしまう養殖業者も多いそうです。

世界各地の養殖場から輸入する物の中には、いったん中国に輸出してから加工する物があります。

例えばエビです。

回転寿司の厨房で加工するには手間がかかる食材です。手間がかかるから原価が高くなるので、中国ですぐに使える状態に加工するのです。各国から中国に行く養殖魚は当然冷凍されています。 それを加工するためにいったん解凍する必要があります。解凍した魚(肉も)は腐敗しやすくなるので、酸化防止剤なんかを大量に使うことになります。

養殖場では抗生物質漬け、中国では酸化防止剤漬けになります。日本に来るときには綺麗なむき身や切り身になってるから、実態がわからないだけです。

日本人の大好きなマグロですが、みんな赤いとは限りません。つり上げた時の処理が悪いと血栓(黒い斑点)マグロになってしまうのです。自然発生的に身の黒いマグロもいます(原因は不明)。当然これら色の悪いマグロは安いです。それを回転寿司店は激安で買い取るのです。

血栓マグロは、ブロックやサクにして着色剤や着色作用のある酸化防止剤で処理します。そうすれば、身は鮮やかな赤になり、血栓は目立ったなくなります。

身の黒いマグロは、ブロック、サクにして脱色剤の入った水槽に入れる。そうすると、黒身は白身になります。それから着色剤の水槽に入れる。これで赤身のマグロが完成です。

脱色と言えば数の子もそうです。回転寿司の数の子は、色が黄色っぽく綺麗です。 正月の数の子も同様です。しかも形が綺麗にそろっています。

しかし、数の子(ニシン)は元々茶色っぽいのです。見た目はぱっとしない。 だからこれも脱色し、形をそろえる為に一度卵をバラして綺麗に形を整えて成形するのです。

本物の数の子の替わりに、キングサーモンやシルバーサーモンの卵を使うこともあります。 この卵を脱色してさらに黄色く着色してから特殊加工すると、偽装数の子のできあがりです。

着色といえば養殖サーモン(ニジマス)もそうです。天然サーモンは元々白身だそうです。甲殻類を食べるから赤くなるのです。タイも甲殻類を食べると皮が赤くなります。大量飼育の養殖サーモンには、高価なカニなんか食べさせられない。だから固形餌に人工着色剤(カンタキサンチンなど)を混ぜるのです。カンタキサンチンは石油由来の合成化学物質です。サーモンの色は養殖業者に頼むと望みとおりの赤具合にできるそうです。

こういった薬剤(化学物質)は、日本で許可されていても欧米では神経障害や発ガン性があるということで禁止や使用制限がかかっているものもあります。

スーパーで売られてるキハダマグロの切り身などは、斜めから見ると青緑に光るものがあります。これは人間で言えば癌のようなもので、“病気肉”です。本来なら肉質検査で市場に出回らないことになっていても、専門水産業者によって回転寿司店やスーパーに流れていくのです。もちろん脱色・着色されています。

養殖で一番よく見る魚といえばハマチですが、薬害によって奇形魚や死魚が数多く発生しています。それらの大多数が、回転寿司に流れていくのです。

だからハマチは避けたほうが無難ですが、悪質な回転寿司店では、こういう事情を知っているから、ハマチではなく「鰤(ぶり)」として出していることもあります。

これを知ってから、僕はもう、(安い)回転寿司店やスーパーでは、魚を食べる気がしなくなりました。

当院のクライアントさんを診てて感じることですが、肝臓が疲れている人が多いです。化学物質浸けの食品(魚、野菜、肉、加工食品など)を食べていれば、解毒作用を受け持つ肝臓が疲れるのは、当然といえます。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

食生活について

Posted by desk@toiee.jp