放射線障害について

放射線障害を、癌と白血病だけだと思っている方が多いようですが、被曝によって、あらゆる健康障害が起きます。最も多いのは知能障害で、程度の差はありますが、誰にでも起こります。

発癌は被曝障害の最大の障害ではありません。最大の障害は、成人なら知能低下と性格崩壊、意欲の減退です。被曝は、細胞死とDNAの変異をもたらします。中枢神経系は再生しません。だから脳機能が低下するのです。

(放射能被曝による)脳の症状について。これが一過性なのか長期的に継続するかは不明です。

●危機感の大きな減退
●時刻感覚の減退
●食欲の増大
●段階を踏んだ複雑な思考の回避
●味覚の変化
●感情の鈍化
●開放感(遊び)への欲求の増大
●転びやすくなる
●計画性の減退
●複雑な文章の回避
●単純ミスの増加
●短期記憶力の減退
●長期記憶の取り出し困難
●甘えと自己主張の増大
●他人の感覚への共感の減退
●状況把握力の鈍化
●滑舌がわるくなる
など。

(放射能被曝による)脳の症状について、私が当てはまるものがあります。
●段階を踏んだ複雑な思考の回避
●短期記憶力の減退
●長期記憶の取り出し困難
●滑舌がわるくなる などです。
歳のせいかも知れませんが、心配ではあります。

 

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング

 

川越の整体で健康回復しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で!

………………………………………………………………………………………………………..

●外出している時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

…………………………………………………………………………………………………..

原発事故関連

Posted by desk@toiee.jp