医師法違反と整体 – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

もうだいぶ前のことだが「子宮筋腫が手で小さくなる」と宣伝し、無資格で医療行為をしていたとして、千葉県船橋市の整体師が逮捕されたとニュースで報道されたことがあった。

その整体師は視覚障害者らしく、サングラスをかけ、大げささ身振り手振りで逮捕の不当性を訴えていたが、雰囲気はどうみても胡散臭かった。

宣伝のための著書も多数出版していたようだが、彼の施術で本当に子宮筋腫が縮小したかどうかは、施術前後でレントゲンでも撮影してなければわからないと思うが、施術料が数万円という高額なので、まったく縮小を実感できなかった、あるいは病院の検査で縮小してないとわかった患者がいたとしたら、それを恨んで警察に訴える人がいても不思議ではないとは思った。

子宮筋腫自体は、生命に関わる病気ではないし、この整体師のやったことは、最悪でも子宮筋腫を放置してたために成長して、体調不良を感じるレベルだとは思うし、手術や点滴などの医療事故と比べれば、取り返しがつかないというものではないにせよ、自分の利益のために子宮筋腫に悩む女性たちを食い物にしていたことは確かのように感じる。

うちの施術でも、患者が病名を口にし、それに対して応える目的で、こちらも病名を出して説明などすることは全くないわけではないが、基本的には、体の状態を問題にはするが、病名を出して治る治らないなどと言うことは、しないようにしている。

この事件を見ていて感じるのは、やはり病名は口にしない方がいいということ。サイトやチラシなどの広告では、特に注意が必要だろう。テレビでも、この容疑者のサイトの宣伝文句(子宮筋腫が小さくなる)を問題として扱っており、容疑の証拠としても、この宣伝文が該当することは確かだろう。

整体の仕事はやりがいがあるし、人に感謝される仕事でもあるが、今回の事件報道を見ていて、その社会的な立場は、かなり脆弱で不安定だと感じた。いわば、整体などは、見方によってはグレーゾーンで営業しているとも言えるからだ。

あきらかに治療効果がある、レベルの高い施術をすればするほど、医療行為に限りなく近づいていくので、施術、営業や広告宣伝面でかなり慎重にしていかないと、足元をすくわれる可能性が高くなっていく。腕がよく繁盛して目立ってくると、同業者の妬みを買って誹謗中傷されることも全くないとは言い切れないだろう。

この容疑者も整体学校を経営していたが、整体師養成の学校などを見ても、この業界は玉石混交だと感じるし、レベルの低い施術を宣伝でごまかしているようなところもあると思う。

安心してよい施術をするためにも、施術で傷害などを与えない限り、整体などの民間療法も、「治療」のひとつとして、法的にも認めてほしいという思いはある。そのためには、もっと整体など民間療法はレベルアップを図り、ある程度は医学的説明ができるようになる必要もあるだろう。


………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で体調不良解消しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

整体について

Posted by desk@toiee.jp