慢性痛のメカニズム – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

自律神経と痛みは関係しています。ストレスが心身にかかると、交感神経が優位になります。自律神経は全身の血管に張りめぐらされていますから、交感神経の働きで血管は収縮します。その結果、血流が悪化し、細胞に栄養や酸素を与えることができなくなります。

血液が不足した部分の組織は酸素が足りなくなります。酸素欠乏で代謝が滞ってくると、嫌気性代謝という酸素を必要としない代謝活動が発生します。そうすると、ブラジキニンやプロスタグランジンといった痛みを感じる発痛物質が放出され、これらの物質が知覚神経を興奮させ痛みが生じます。

以上のようなメカニズムに陥ると、痛みの悪循環が発生し慢性的な痛みに悩まされることになる、というケースは多いように思います。

また、痛みは、体が傷つき細胞組織が壊れたときに発生しますが、慢性的な痛みの場合は、特定の部分に損傷がなくても発生することがあります。いわゆる原因不明の痛みといわれるものです。


………………………………………………………………………………………………………..
埼玉県川越市の整体院…ヒロ自然療法院で体調不良解消しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

痛みについて

Posted by desk@toiee.jp