物理療法とエネルギー療法(気功)の違い – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

この世界に入るまでは、気功など物理的な力に因らない手技?療法の存在は、あまりはっきりとは認識していませんでした。そのような、にわかには信じがたい療法が存在するという程度の認識だでした。

しかし、整体を習い始めてしばらくすると、そのような療法や力(エネルギー)のことが、知らず知らずのうちに耳に入ってくるようになりました。

とはいっても、最初に習ったカイロプラクティックは、もちろん典型的な物理的手技療法なので、習いに来ている生徒のほとんどは、気功などエネルギー療法などには関心が薄かったと思いますが、カイロの講師の中には、施術上の経験からか、患者の気が伝わってくるとか、悪い気をもらって体調を崩したなどと、当時の私には完全には信じることができないことを言う先生もいました。

その次に習ったバランス活性療法は、療法の宣伝と生徒募集の本からは、物理療法としか思っていませんでしたが、研修が修了し会のセミナーなどに参加するようになると、この療法を習った人のなかに、気功や精神的力を使った療法、エネルギーの存在を信じている人が少なくないことに気がつきました。

もともと東洋医学と現代医学も知識も取り入れた物理的手技療法を習いたいと思っていた私には、当初それに多少なりとも違和感をおぼえたものですが、バランス活性療法自体に、イメージ療法(エネルギー療法の一種だと考えている)が組み込まれているので、自然にその力を認識し存在を認めるようになっていったのです。

ただ、自分の中には、スプーン曲げとか、テーブルのコップに小波を起こすとか、宙に浮かすとかのいわゆる超能力は、そういう特殊な力を持った人がいることは認めても、その程度のことは自分の手を使ったほうが、はるかにカンタンに正確に瞬時にできるじゃないか、と思ってたので、それがどうしたという感じは今でもあります。いわゆる超能力は、見世物的に使うだけでは社会的な意味も有効性もないと思います。

気功とかエネルギー療法が本当にその利点を活かせる方法のひとつは、遠隔施術です。施術院に来れないような状態の患者さんを、自院にいながら施術できるというのは、とても便利で役に立つ方法です。

とはいっても、気功などを信じてないというか認識してない人に、いきなり遠隔施術できます、などとは言えません。それほど遠隔施術に実感と自信があるわけでもないですし。

一方で、来院された人に、遠隔施術する必要性もめったに感じません。状態が悪く、あまり体位を変えることができない患者さんの場合には、できる体位をとってももらい、気(エネルギー)の力を体に波及させることで治療効果が出る場合は有効ですが、そうでない患者さんの場合は、直接手で力を加えた方が確実に効果が出ることが多いように感じているます。私自身の遠隔施術の信頼度があまり高くないせいもあるでしょう。

直接的に硬直し体液と血液の流れが滞っている筋肉などの細胞組織に物理的刺激を加えたほうが、カンタンに硬直が解けることが少なくないとは感じています。それをイメージや気功だけで、体を動かさずに、しかも時間をかけてやる意味があるのだろうか?という感じなのです。

ただ、エネルギー療法でも瞬時に効果を発揮することもあるし、そちらの方がまだまだ初心者もいいところなので、今後その考えが変わる可能性はあります。

患者さんの多くは、はっきりと触ってもらい、力を加え、体を動かされることで、施術(治療)を受けていると実感できる人が多いので、施術の説得力という点に関しては、物理療法の方に軍配が上がるというのが、現時点での結論です。



………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で内蔵調整しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

施術について

Posted by desk@toiee.jp