新薬開発裏話 – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

製薬メーカーは自社製品を売らなければ、企業として存続できません。そこで、薬を売るために、効き目があるという証拠(エビデンスと呼ぶ)をつくることが必須になります。エビデンスづくりに、何千人規模の患者に薬を試してもらう大規模臨床試験を行います。これは莫大な費用がかかります。

そのような社運が懸かるような薬が、比較対象の偽薬(プラセボ)と効果に差が出なかったら企業存続すら危ぶまれます。 何とかしてメーカーは薬の効果を宣伝しようとします。無効という結果が出た後でもコンピューターを駆使して、その薬の優位な点を探そうとします。


………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で健康回復しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………..

Posted by desk@toiee.jp