無断キャンセルについて

最近は少なくなってきましたが、整体院をはじめた頃は、毎月数回はキャンセルがありました。前日までのキャンセルなら、事情があり連絡もしているので、いいのですが、無断キャンセルは困ります。

無断キャンセルが多いのは、初めて予約をする人です。予約時間を過ぎても来ないのです。そういう人は当然ながら、自分から後日連絡したりすることはほとんどなく、二度と来ることはありません。

こちらは訪問して来院を強引に誘うとか、電話勧誘しているわけではありません。予約をする人は、自分でネットで検索しこちらの整体院を探し出し、あるいはすぐにゴミ箱に捨て去ることが容易なチラシをわざわざ読み、連絡してくるのです。

それなのに、全く連絡もせずに、気が変わったのか忘れたのか知りませんが、来ないという人が、以前にはたまにいました(最近は少なくなりましたが)。

予約は人と人との約束であり、会社なら契約です。その時点で、事前に聞いた症状を頭に入れ、おおよその施術方法や計画などを考えます。施術記録ノート(病院のカルテのようなもの)や予約券、施術の注意点などが書かれたプリントを用意し、来院に備えます。

もちろん、予約された時間に、後から予約希望が入っても、空いてないので別の日時にしてもらいます。その時間、その日しか来れないという人も全くないわけではありません。

予約時点からこちらは、準備をしているわけです。施術はボランティア(無料奉仕)でやっているわけではないので、準備を始めた時点で料金が発生していると考えることもできると思います。

無断キャンセルする人の中には、「まだ行ったこともない整体院なんか、顔見知りでないから適当に対応しても問題にはならないだろう。それに、暇の時が多いようなら、実質的に迷惑をかけるわけじゃないし。住所も知られてないから、キャンセル料など書かれてても、請求できるわけがない」などと考えている人もいるはずです。

でも、調子の悪い自分の体を診てもらおうという人に対して、このような態度と気持ちで接していたら、どんなに腕のいい医者や治療家、整体師にかかっても、根本的に良くなることなど有りえないと思ってしまいます。

自分の体を任せようという人の気持ちや仕事を踏みにじるようなことをして平気でいる無責任な人は、きっと自分の体調にも責任を持つことはないでしょう。

無断でキャンセルした人の一人は、電話で「どこに行っても一時的に楽になるだけで、すぐに痛みが戻ってくる」と言ってましたが、このような態度では、当然だと思いました。

治療院や整体院を選ぶ選ばないは自由です。でも、いったんここで施術を受けてみようと思い、電話やメールで自発的に行動を起こしたなら、自分の選択した行動の結果を引き受ける、約束を守るというのは、社会人として最低限の義務でしょう。

何度か通院した人の中にも少ないですが、以前、無断キャンセルして、以後全く姿を見せなくなった人がいます。必ずしも若い人ではなく、中には、かなり年配の男性で会社経営しているような方もいらっしゃいました。

施術で体調が良くなってきていると言っているにも関わらずこのような責任放棄、約束やぶりをするような人は、どんなに社会的地位が高くても、経済的力があろうとも(大型のベンツに乗って通院されてた方もいました)、人間的にはあまり信用ができないというのが僕の印象です。

まだ、継続的に施術が必要な間は、次回の施術を促すことはあります。施術を受けた翌日以降に、改善が進み実感できることもあります。「もう、こんなに回復したのだから、次回はもういいかな。お金ももったいないし」と思われることはあると思います。

でも、それなら、キャンセルの電話をすれば済むことです。そう伝えてもらえば、僕もうれしいのです。僕の施術で体調が良くなったから、もう施術は必要ないと感じたということですから。

自分の状況や体調や意思を伝えることは、整体の仕事に限りませんが、人と生活を共にする上では、とても大切なことだと思っています。


………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で内蔵調整しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

接客について

Posted by 小林昌弘