これでいいの?日本の教育方法 – 病院や薬に頼らず健康で安心して暮らす為に – 川越の整体…病院・接骨院・鍼灸院で治らない方もご相談ください!

手技療法家(整体、指圧、マッサージ、鍼灸など)の技術と知識にばらつきが多い理由は、教育団体、先生によって、内容も教え方もバラバラだからです。手技療法自体があまり体系化されておらず、手技療法家としては優秀な先生でも、教えることのプロでない人が多いからだと思います。

昔かたぎの先生の多くは、「見て覚えろ」という人が多く、基本を体系的に出し惜しみせず教えるという、現代の教育方法では当たり前のことをやってこなかったからかも知れません。疑問点を質問されること自体を嫌う先生もまだ少なからずいることが、手技療法界に限らず、日本の教育現場も問題点だと思います。生徒に知識と技術を教えることより、教師としての面子が優先されてるのが、日本の教育の特徴かも知れません。

アメリカ人のヒーラーのセミナーに参加したことがありますが、その先生は、どんな質問でも厭わずはぐらかさず丁寧に答えたのみならず、最後に「今の説明でわかりましたか?他に質問はありませんか?」とさらなる質問を促すことまでやっていまた。高い受講料を取ってるのだから、受講生にちゃんと伝えることがプロの仕事という意識を感じました。その点が一番、日本の先生(全員ではありませんが)との姿勢の違いだと思います。

海外(特に欧米では)基本的な部分は体系化し効率よく教えるから、生徒はその先を自分で考え発展させることが、日本より容易にできているのだと思います。カイロプラクティックやオステオパシーが体系化され大学教育と医療に組み込まれて世界的に発展普及したのは、教育方法が合理的で後身を育てようという意識が高いからだと思います。

日本の手技療法の大部分は、政府非公認で良くも悪くも野放し状態だから、実に様々な種類があります。ただ、教える側が個人や小規模団体で、営利のために教えている所が多いせいか、当たり外れが大きいのも確かです。政府統制がいいとは思いませんが、こと教育に関しては営利最優先の団体個人は淘汰される仕組みが必要だと思います。



………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で健康回復しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………..

教育について

Posted by desk@toiee.jp