硬い体は呼吸が浅い

首、肩、背中、腰が凝り固まった状態の身体は、やる気が無くなった状態です。

身体が凝り固まっていると、呼吸が浅くなります。首が硬ければ、気道を圧迫しますし、肩、背中が固まっていれば、肋骨の動きが悪くなります。肋骨(胸郭)は、息を吸い込んだときに広がり、吐き出すときに縮まります。

呼吸は体内に溜まった毒素や老廃物を排出する役割があります。呼吸が浅くなると身体がだるくなり疲れやすくなり、やる気が無くなってくるのです。

首肩背中が固まった状態では、勉強、仕事にも十分な能力と集中力を発揮できなくなるということです。


………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で健康回復しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………..

呼吸について

Posted by desk@toiee.jp