科学的根拠より治療効果

医療行為の優劣は、医学(科学)的根拠の有無より、臨床上の治療効果が優先されます。

医学的根拠があり、整合性がある治療法で効果が無いものより、医学的な証明はされてなくても、効果がある治療のほうが優れているということです。

現代医学の水準で身体の全ての機能が解明されたわけではありません。現時点で医学的に証明や説明ができなくても、効果的な治療法は沢山あるようです。

診断学は医学的根拠が必要不可欠ですが、病院での医療行為でも、医学的な証明がされているものだけとは限りません。詳しいことはわからなくても、治療効果が高いから使っているということもあるわけです。

現時点での医学の水準で説明できないからといって、説明できないから効果がないとは言えないのは理解できると思います。

現代医学で治療効果が高いのは、怪我をしたときの救命救急処置とそのための外科的処置(手術)です。それ以外では先天的な器質的異常の場合にも、現代医療は高い治療効果を発揮することがあります。診断も現代医学の得意分野です。

逆に慢性疾患の場合は、治療効果が低く、対症療法として薬を用いるだけで、根本的に治せない症状や病気が多いのが事実です。

慢性疾患に関しては、代替療法に効果的なものがありますが、医学的に証明できないからと評価されてないことが多いようです。整体などの手技療法の中にも治療効果が優れたものがありますが、医学的証明を求めるため、まともな評価ができないというのが実態のようです。

整体をしていて思うことは、医学的な証明があることと、臨床で実際に効果があることは別ものということです。医学的裏づけができなくても(現時点では)、効果のある療法は沢山ありますし、今の医療で認められている治療法が、必ずしも効果があるとはいえません。



………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で健康回復しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………..

医学・医療

Posted by 小林昌弘