薬は症状を抑えるだけ

薬を飲まなければ病気は治らないと思ってる人は多いようです。ちょっとした不調でも薬を飲んだり、症状がないのに予防のため、検査数値が少し標準と外れてるからと薬を飲む人もいます。医師もそれを勧めたりします。

しかし、そのような対処法をしていると、自然治癒力が衰えていきます。身体が怠けるのです。

身体に感じる異常(症状)は、すべて悪いわけではありません。基本的には必要だから発現するのです。

身体に悪い食物が体内に入ると吐き出し、下痢をして排泄するのは体が正常に機能して体を守っているということです。風邪を引き鼻水、咳、熱がでるのもウイルスと戦い体外に出そうとする働きなのです。

体調不良の症状、病気の症状は、体が必要だから生じているのです。体(と心)が置かれた環境、社会的状況の中で、外部の刺激に反応して、体(と心)が対応している状態を症状と言うことができます。だから、症状だけを消去すれば健康回復するというのは、壁に亀裂が生じた上にペンキを塗っているのと同じなのです。

痛みを感じることにで、体の治癒力が働きだすという面があるので、痛みをある程度は許容するほうが、回復が早くなる場合があります。多少の痛みなら、鎮痛剤の飲まないでがまんしたほうが、回復は早いと思います。

薬は症状を(一時的に)押さえ込むだけです。薬には必ず副作用があります。薬は元々は毒です。薬学部は、戦前は、毒物科と呼ばれていたそうです。化学的毒物を長期間体内に取り込むと考えれば、長期に渡って薬を服用することが、いかに危険かわかると思います。

患者自身が薬で病気が治ると思いこんでいるため、自発的に薬の処方を希望することが多いようですが、長期に渡って薬を飲み続けている人で、順調に回復する人はあまりいないと思います。何種類も薬を服用することで、体調を悪くしている人は少なくないはずです。

製薬会社や(一部の)医師は、顧客(患者)が一生薬を飲み続けてもらうと利益が増えるますが、患者の健康は危険にさらされ不利益を被ることを、もうそろそろ認識したほうがいい時期ではないでしょうか?

慢性疾患(生活習慣病)は、患者自身の生活や生き方、考え方、精神生活に問題があることがほとんどです。それを変えようとせずに、医師や薬に頼って治してもらおうとしても、治る見込みは少ないのです。原因を放置して良い結果だけを求めるのは、明らかに矛盾しています。

しかし、このような医療が常識になっているのが現実です。それが健康保険財政を圧迫し、その割に不健康な人や病人が増え続けていますが、当然の成り行きだと思います。医療や健康への考え方、認識を根本から改めない限り、医療は製薬会社と医師、病院、治療院、医療産業の儲けの道具としての存在であり続けるのではないでしょうか?


………………………………………………………………………………………………………..
川越の整体…ヒロ自然療法院で内蔵調整しませんか?
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

2013-02-25

Posted by 小林昌弘