身体状況の観察と施術

所属してる身体均整師会の支部研修会に参加しました。

脊椎の側面にある硬結(かたまり)が左右どちらにあるの観察によって、施術側(右か左か)が決まるのですが、他の(ベテランの)均整師と診立てが違いました。調整結果は、捻れ解消したので、結果的には問題ないのですが、疑問は残りました。

均整師に限りませんが、施術家(整体師)によって、正しい観察(診立て)は一つだけだという人もいるし、施術側の意識や考えが受者に影響するので、人によって診立てが違うのは自然だという人もいます。

科学的には、観察結果が人によって違うのはまずいのですが、量子力学では、観察者の意識が観察結果に反映するというので、施術家によって観察結果が違っても間違いとは言えないのかも知れません。

明らかに観察点(正確に該当する椎骨を観察(触診)できてるか?)が違う場合は、問題外ですが、硬結の観察は、椎骨そのものが観察対象ではなく、神経節の状態がどうなっているかの観察だから、椎骨そのものの位置が合ってるかは、実は、二次的な問題ではあるのです。

均整法では、体の前後左右のバランスを整えることを、最重要課題の一つにしているのですが、自分の施術方針としては、症状の解消を最優先しています。仮にバランスが完全に整ってなくても、体調が良くなり症状が解消してれば、良しとしています。逆は駄目です。バランスが整ったが、症状が消えないというのはまずいです。営業的にも患者さんの立場に立っても。

症状解消を最重要としているから、均整法的には、観察結果が法則と違っていようが実情を優先し、施術しています。法則はあくまで観察の結果の最大公約数的事実(臨床、観察結果)をまとめたものに過ぎないと考えるからです。

体は複雑で個人差が激しいし、一つの症状や歪みでも、原因はいくつもあるから、法則に観察結果が合わない場合は、実情を優先すべきと考えます。法則通りに施術することより、症状解消、体調向上という目的達成のほうが、はるかに重要というか、それなくして施術の価値はないと考えているからです。

最終的には、自分の観察結果を信じて施術するしかありません。人が違うと言っても、観察結果や診立てが間違っていたとしても、施術するのは自分だし、その結果を引き受けるのも自分だからです。ただし、未熟さや間違いを肯定するわけでもなく、開き直ってるわけでもありません。

治療(調整、セラピー)の結果は、クライアントとセラピストの関係性の内にしかないと考えてます。誰がやっても手順さえ間違わなければ同じ結果がでる機械修理と、生身の人間の治療は違うということです。使い込んだ、思い入れのある機械は、生身の人間(生命)と似てくるという話もあるようですが…。

だからこそ、治療(調整)の技術も大事だが、クライアントとの関係づくりを怠っては、どんなに技術的に研鑽積んでも、よい結果は望めないと思います。商売的にも。他の誰にも治せない難病が治せれば患者は殺到するのでしょうが、そんな天才的セラピストや治療家を基準にしてものを言ってもあまり現実的でないと思ってます。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

2012-11-18整体について

Posted by 小林昌弘