芸術の秋

先日、久しぶりに上野、秋葉原の辺りを歩いてきました。

写真家で作家でもある藤原新也氏の作品は、20代の頃から注目してきたのですが、
最近は、めっきり芸術から遠ざかってしまいました。

西洋美術館で開催中のゴヤ展を観にいく予定だったのですが、
一緒に観ようと誘った人が来れなくなり、1人で観てもよかったのですが、
何となくすっきりしない気分だったので、ブラブラと上野公園を歩いているうちに
御徒町の方へ来てしまいました。

そのとき、そういえば藤原新也の写真と書の展覧会をこの付近でやっているのを思い出したので、
記憶を頼りに会場を探し当てて鑑賞してきました。

書と写真が一体となったような、現代美術の作品のような感じがしましたが、
写真そのものは、若い頃の藤原新也を彷彿とさせる独特の雰囲気のままでした。

上野から、スカイツリーがはっきり見えましたが、完成したものを実際に観たのは初めてだったので
少し感動しました。山手線からだともう少し近くに見えましたが、ツリーまではかなり距離があるはずです。ま近で観たらさぞ大きいと思います。

スカイツリー

藤原新也展

藤原新也展2

院長紹介

趣味

Posted by 小林昌弘