会話しながらの施術と身体との対話

先日の患者さんとは、共通の話題があったので、話がはずんだ。

僕は通常は、施術中にこちらから雑談めいた話をすることは少ないのだが、旅という共通の興味と体験があったので、施術中にも関わらず、こちらから話かけ、会話しながらの施術になってしまった。

となると、身体のチェックと手技の確認も、ながら作業となり、いまいち集中力に欠け、つっこんだチェックはできず、呼吸数や手技の回数なども、かなり適当になってしまった。

患者さんとの雰囲気というか、関係は、これでかなり親密になったと思うが、肝心の施術効果については、少し心配だった。

最後にそれもチェックしてみたら、案の定、施術効果的には、今日のやり方はマイナスと出た。

施術後に体調と感想を聞くことにしているが、改善した部分はあったものの、手技を施したにも関わらず、変化がなかった部位もあった。

会話で集中力が削がれ効果が落ちたという認識があったので、立ち上がった後だったが、再度横になっていただきチェック。

追加してもよろしいと許可が出たので、手法を逐一確認しながら組み立て
今度は黙々とオプション施術をした。

再度感想を聞いたら、残っていた違和感と痛みが完全に解消したとのことで、ちょっと驚いておられた。

ある程度の会話は信頼関係づくりには必要だが、話しっぱなしというのは、少なくとも僕の施術にはマイナスに働いていたようだ。

やはり施術中は、対話はするにしても、「もう一人の患者さん」と対話しているほうが、いいようだ。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

2010-11-09施術について

Posted by desk@toiee.jp