主役はクライアントさん

薬事法で縛られているので、整体では「治療」という言葉は使えません。
「施術」という一般にはあまりなじみのない単語が使われています。

接骨医(柔道整復師)と鍼灸師は、国家資格ということもあるのか、「治療」は使えるようです。
したがって、整体業では「治療院」という名前は、引っかかる可能性があるので、
使っているところはごく一部のようです。

治療という言葉とセットになっているのが「患者」です。
これも、法的なことは厳密には知りませんが、整体学校などでは、使わないようにと指導しているところが多いようです。

「治療」も「患者」も一般的な言葉なので、わかりやすいので整体の説明などにも使いたいとは思いますが、厳密な意味(法的にも)で病気の診断ができるのは、国家資格を持った医師だけですし、あらゆる治療行為が許されているのも医師だけです。

それを踏まえて言えば、我々整体師や療法師は、「治療」を行っているわけではなく、来院される方も依頼者(クライアント)であっても、病気を抱えた「患者」ではないというのが、建前になっています。

法的な縛りがあるから、ということもありますが、実際に我々整体師が扱っているのは、病気の治療ではなく、痛みやダルさ、違和感などを薬を用いずに緩和・解消したり、膝や肩などの関節の可動域を広げることです。

カンタンに言えば、症状を解消することと関節の動きをスムーズにすることです。

治療でないというのは、ある意味言葉の彩(あや)ですが、整体師が症状(病気)を治すわけでないというのが、実際に施術を行っている者の実感です(そう思ってない整体師の方もいると思いますが)。

医院や病院に行く人というのは、医者や医療機関(病院の設備や薬など)に病気を治してもらいに行くという意識の人が、過半数を占めていると思います。

しかし、単純な引き算をすればすぐに理解できることですが、どんな名医でも、どんなに設備が立派な病院でも、どんなに優れた薬でも、生物としての人が生まれ持っている「自然治癒力」が働かなければ、病気を治すことは完全に不可能なのです。

逆に、医療機関にかからなくても、薬など用いなくても、自然治癒力さえ活発に働けば、大抵の病気や怪我は、自然に治ってしまいます。

我々はその手助けをしているだけです。
体の自然治癒力を活性化し、血液や栄養素の循環を良くして、不純物や老廃物の排出を促し、辛い症状を緩和、解消し、体の機能を正常に戻すきっかけを与えているだけです。
整体師の施術そのもので、体が治るわけではないというのは事実です。

さらに、親切な整体院なら、再び不調になって辛い思いをしないように、悪い生活習慣を改めるためのアドバイスや指導を行い、必要な運動方法や体の使い方の指導を通じて、運動機能の維持・向上を手助けします。

だから、あくまで主役は、不調を抱えた人(患者、クライアント)であり、整体師などは、それをサポートするサポーターとインストラクターなのです。

医師も基本的には同様ですが、我々整体師や療法師は、もっとその意味合いが強いと感じています。

したがって、痛みなどの不調が出たら、整体院や病院で治してもらえばいい、体のことなど自分は気を使う必要もないし、保険に金を払っているのだから、病院に行かないのは損だというような意識の人は、本音を言えば、無責任な人という印象を持ちますし、いずれ大きな病気に罹るだろうと思っています。

現代医学は生身の人の体を機械のように扱っています。悪い箇所は切り取ればいい。壊れた部品は交換すればいい(臓器移植や人口臓器、人口関節などの外科手術で治せるという発想)。

痛みを抑える薬を開発することが医学の進歩だと信じ、副作用があれば、それを抑える薬を投与することが治療だというイタチゴッコをしている限り、医療費は増大するばかりで、本当に健康な人はいなくなり、薬と医者と医療機関と医療保険でなんとか命をつなぎ生活している半病人が増えていく結果になると思っています。

自分の行動の結果に責任を持つのが大人だとすれば、最低限、自分の体くらい責任を持つというのが、正しい生き方だと思いますし、だいいち、健康は幸福の基盤ですし、心身共に健康でいるだけでも幸せだと言えるのではないでしょうか?


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

医学・医療

Posted by desk@toiee.jp