症状の軽重と施術効果

症状が軽い方が施術効果がカンタンに出ると思われるかも知れませんが、実際は逆の場合が多いような気がします。

痛みや動きの不自由さが大きいほど、それが解消したときのギャップが大きいので、効果もはっきりと自覚できるからです。

逆に、それほど辛くはないが、何となく気になる、違和感がある程度だと、施術が体に影響を与えていても、本人が自覚できないこともあるようです。

さらに、人は痛みは強く自覚しますが、痛みが消えると、その瞬間だけ意識がそこに向きますが、じきにもう痛みなど前から存在してなかったかのごとく感じることが多いようです。

痛みがちょっとした、一見カンタンそうに見える、短時間の施術ですっきりと消えたときの一般的な反応は、ちょっとした驚きと不思議そうな顔です。

僕は気功師でないし、生まれつき特殊な才能を持っているようなヒーラーでもありませんが、ちょっと体に手を触れて、少し動かしたり、場合によっては、手を触れているだけで痛みが完全に消えるようなときもあります。

そんなときは、「鎮痛剤でも飲んだ直後に痛みが消えることはないのに、この人は今、何をしたんだろう?」というような顔をされますが、基本原理は、母親が怪我をして痛がって泣いている子供を抱いて撫でさすってやると、痛みが消え、泣き止むことと同じ理屈だと思っています。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

施術について

Posted by desk@toiee.jp