対症療法から根本療法へ

今の社会の問題解決の方法論は、対症療法だと思っています。

例えば…

飲酒運転事故が問題になれば、罰則を強化する。

いじめが問題になれば、いじめはいけないと(表面的に)言って禁止する。

税金の無駄遣いが問題になれば、無駄遣いした政治家と官僚を責めればいいと考える。

温暖化が問題になれば、二酸化炭素の排出を減らせばいいと考える。

問題が発生した原因を調査し研究し判断し、根本的な解決を目指すのではなく、
表面的に問題として現れた現象だけを抑えればいいと考えているかのように感じます。

病気の治療も同じです。

痛みがあれば、薬で抑える。

熱があれば、薬で下げる。

腫瘍があれば、手術で切り取る。

病気の根本的原因を探り、病気にならないようにすることを治療とは考えていないような感じがします。

メタボ検診なるものの案内がうちにも来ました。

病気予防というコンセプトはいいと思うし、 生活習慣、食生活などを指導する方法は悪くはないと思いますが、 方法論は対処療法的です。ウエストのサイズと血糖値、コレストロールなどごく限られた検査項目の数値を下げることが、直接的な目的のような印象です。

最初に整体というものに抱いていたイメージも、対症療法的でした。
考え方そのものが、表に現れた現象(症状)を消す、抑えることが問題解決だと無意識に刷り込まれたいたのだと思います。

対症療法はもぐら叩きと同じです。
一つ叩き潰せたとしても、じきに別のところに顔を出す。
その繰り返しです。 原因をつきとめ、それを解決しようとしないからです。

整体を対症療法的に行う方法もアリだと思いますが、私はクライアント(患者さん)には再発しなくなることを目標にしていると言っています。だから、根本的な体調が乱れても、自力で経過できるような状態まで持っていくことを、目標にしたいと思っています。

症状を再発させないためには、やはり生活習慣を変える必要があります。 それをいかに抵抗感を少なく、自発的にしてもらうかが実現のポイントになります。

それと心の問題も大きいと感じています。
腰痛だって、ストレスが原因の場合があります。
考え方の方向性、心に常に持っているイメージ、思考パターン、感情や情動の発現パターンも変えないと、症状は異なっても、いつか再発してしまうリスクを抱えたままです。

全ての人は必ず死にます。体の衰えは自然なことで、体調に波があり、不調が現れることも自然なことですが、 私の理想は、不調は自然に経過し(治まり)、やがて自力でいい体調に戻ることと、 死ぬときには、やりたいこと、やるべきことをやりつくし、全ての力と能力を使い切って、 静かに自然に死んでいくことです。

私の施術(体の調整)を通じて、一人でも多くの人に、この世での最期のときまで、健康で楽しく幸せに過ごしていただければと思っています。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

価値観・考え方

Posted by desk@toiee.jp