休めの姿勢は疲れます

症状を解消し生活を楽にし健康に導くこと。
再発しないように、生活指導とアドバイスをすること。

これが私の仕事の柱だと考えています。

痛みや不調は本人にしか実感できません。
患者さんに質問することで、体の状態をモニターしながら
施術を積み重ねていくわけですが、
施術者が直接わかるのは、体の外見です。

骨格の歪みを整えること。
触診でもわかる筋肉のアンバランスを整えること。
これらを施術上の指標として活用しならが施術を進めていきます。

マットに横になった状態で施術することが多いのですが、
横になった時点では整っているように見えても、
立ち上がった状態だと、片方の肩が下がっていたり、
両肩が斜めになっていたり、
骨盤が片方上がっていたり、
体が傾いていたりと、
納得できない状態のことがあります。

少なくとも、横になった状態では、骨格はある程度
整っているのに、なぜだろう?
そう思うことが続いたある日、
ふと気づきました。
「まっすぐに、リラックスして立ってください」
と言うと、重心を片方の足にかける人がいるのです。
本人は無意識です。
直立しているように見えても、「リラックスして」
という表現に体が無意識に応じて、
片方の足が微妙に前に出ていたり、
後方の脚に重心をかけていることがあるのです。

当然体は傾き、肩の高さも違ってきます。
肩も斜めになることがあります。

これは思うに、体育の時間、朝礼の時間などに教師が
片足を斜め前に出したカタチを休めと教えているせいのようです。

この姿勢は「休め」とは逆に、長時間続けると疲れる立ち方です。
腰幅くらいに脚を開き、重心を両足の真ん中に置く方が
疲れないはずなのです。

これが「休め=楽な」姿勢だと思い込んでいるのは弊害があります。
無意識にしているほどですから、トータルではかなりの時間、
この姿勢をしていることにつながります。
これは骨盤と背骨、肩などを歪ませる姿勢だと感じています。

間違った体の使い方が指導されていることは、
これ以外にも以外に多いのではないかと考えています。

例えば、体育座りやあぐらは、腰に負担がかかります。
腰痛の基にもなりかねません。
腰痛持ちの人がこの姿勢を長時間(といっても1時間程度)
続けると、腰痛が酷くなることが多いようです。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

健康と美容

Posted by desk@toiee.jp