回復するために大切なこと

何年も体調不良を抱えて苦しんでいる方が来院されることがあります。病院でも治療院でも治らない方です。

特に慢性化した病気や体調不良から回復するために必要、というより無くてはならないことがあります。

逆にこんな状態では、改善するのも難しいだろうということもあります。当然ですが、(あまり)治す気がない人は治りません。体調不良が長く続きすぎて回復を(半ば)あきらめている人も同様です。どうせ不調で毎日が辛いから、早く死んだほうがいい(と少なくとも表面的には)などと口に出してしまう人も難しいでしょう。これらの人は、どんな治療や施術で体を整えても、なかなか継続的には回復改善もしません。

全然治す気が無い人は、最初から、少なくとも整体院などには来ないはずですが、半ばあきらめていて、健康回復に投げやりな人が、なかなか改善もしないのは当然と言えば当然のことです。健康回復に一番大切なのは、本人の治す気です。

回復を人任せにしてる人も、よほどいい条件と幸運に恵まれないと、回復は難しいです。ほとんど改善効果も感じられない治療を何年も継続していて、効かない薬を何年も飲み続けている人は、何もしないのは不安だし心配だから惰性で続けているだけです。あまり治す気が無いと感じられます。

最低限、これくらいはしないといけないということがあります。効果の無い治療や薬は、ちゃんと医師に伝えて、治療法を変えてもらう、薬を替えてもらう、場合によっては薬を止めるなどです。自分から積極的に治療に参加し状態を伝える努力をすべきです。ちゃんと治したいなら。自分の体のことを人任せにしていては、健康回復も維持も困難です。

僕は整体で生計を立ててますが、お客さんが喜ばないような仕事はしたくありません。だから、当院の施術を数回受けても全く改善が感じられないという人には、施術の継続はお勧めしません。やんわりとですが、断ることもあります。全く改善が感じられないという人は、1%もいませんが。

慢性的に体調不良で、しかも治るはずがないと、潜在的にせよ、思っている人は、施術で体が変わって症状が多少なりとも軽くなっても、それを認めようとしないことが多いです。長年病院通いしても改善もしない体調不良が、1~2回の施術で多少なりとも軽くなるはずがないと思っているからでしょう。

施術前に痛みなど症状を確認しますが、最初「痛い」と言っていた箇所を、施術後に「どうですか?」と聞くと、しばらく考えたり、体を動かしたり、さらにはそこを何度も押してみたりしたあげく、「わかりません」と答える慢性不調の方は少なくないです。

でも、最初に「痛い」と即答したのだから、多少は軽くなったから「わからない」と答えているはずです。改善が信じられない、こんな整体ごときで、長年の不調が改善するはずがないと思っているのかも知れません。あるいは、今まで自分が受けてきた治療が無駄だった、よけいに悪くなったから間違いだった、と認めたくないのかも知れません。誰でも、自分の人生の選択は正しかったと思いたいからです。それを否定されたくないというのは理解できます。

施術効果を信じられないのも無理はないとは思います。何年も教育を受けて、研修医として経験も積み、すごい検査機器を備えて、スタッフも何人もいる病院で治らないのが、アパートの1室でやってるわけのわからないような整体で改善しても、最初は信じられなくても不思議ではないと思ってます。

でも、自分の体の感覚を信じて、どう変わったか感じ取れる人なら、素直に「楽になった」「痛みは軽くなった」などと言ってくれるます。治る気がある人。自分でも治そうとしてる人(生活習慣や体の使い方のアドバイスを求め、ちゃんと実行する人)なら、ちっぽけな整体院でも、ちゃんと良くなるのです。

病院や整骨院などでの治療では治らないとあきらめるのはいいと思います。それが本当に効果が無いのなら。でも、それ以外には治す方法が無いと思い込むのは、間違いです。

あきらめなければ、きっと健康回復します。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング