水が気になってます

成人の場合、体の約6割から7割が水分だそうです。
子供の場合はもっと水分が多く、新生児だと約8割にもなるそう
です。だから、人の体は水でできていると言っても過言ではあり
ません。体を構成している主成分の「水」は、体の質を左右して
いると考えても、間違いではないと思います。

私が子供の頃は、水は蛇口から出るもので、お店で買うものでは
ありませんでした。でも、いまでは、地方都市でも、スーパーな
どで水を買うことは、ごく普通のことになっています。

それだけ、日本の水道水の質が落ちているということでしょうか?
以前(漠然として言い方ですが、おそらく10年以上前)に比べれ
ば、日本の河川の水質はすごく改善され、きれいになっているそう
です。それに比例して、水道水も美味しいとまで言えなくとも、な
んとか飲める水準にまで快復しているようです。

でも、夏場の水はまだまだ、まずい、消毒臭が気になります。冷や
せば、そこそこ美味しく感じられるのは、冷たさの感覚が臭いに勝
るからのようです。味のこともありますが、体調管理を考える上で、
水の質はやはり無視できないと考え、いまは、活性水素水というの
を買っています。(かなり高額な浄水器でできるようですが、近所
のスーパーで5リットル100円で売っているのを買っています)

これは温度に関係なく美味しいです。少し冷やすと、ほのかに甘み
があり、甘露という名に相応しい水です。私はボトル入りの水を買
うことに抵抗があり、多少まずい水道水をちょっと我慢して飲んで
いたのですが、そうすると、やはりお茶やコーヒーにして飲む方が
美味いし飲む気になるので、水分補給のかなりの部分は、水以外の
飲み物で摂っていました。

その結果、水分以外の糖分やカフェインや他のさまざまな要素も摂
取することになり、余分なものも摂りいれる結果になっていました。
一時期は特に夏場では、ジュース(果汁)で水分補給していたので、
中性脂肪が高くなっていましたし、おそらく血液もちょっとどろど
ろだったのではないかと思います。

活性水素は、体に害があるといわれている活性酸素を排出する働き
があるとか、それ以外にも様々な効能があると言われていますが、
喉が渇いたときに、美味しい水を何の心配もなく飲めることの方が
うれしいです。

かつて日本は水が豊かで美味しい水が飲める国でした。

体の主成分が水であるということは、その水が汚染されていると、
結果として体も汚染されているということです。水道水を飲まずに
ミネラルウォーターなどを買えばいいと思うかもしれませんが、野
菜や家畜も水を飲みます。おそらく高いミネラルウォーターなどは
飲んでないでしょう(笑)。ということは、それらを通して、汚染
された水を我々は摂取しているということにまります。

人は環境から影響を受けるだけではなく、環境に影響を与え、環境
そのものを作り出しています。「地球にやさしい○○○」というキ
ャッチフレーズは、人と地球環境を分けて考えていますが、地球
(環境)と我々は切り離すことができません。

いま、病気とは言えないが、病気手前の状態の人たちが増えている
ようです。スーパーなどで水を買う必要がない環境を取り戻すこと
が、我々の健康を取り戻すことにつながっていることを意識するこ
とが、本当の健康を取り戻す第一歩かも知れません。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング