夏休みは外に出て遊ぼう!

現代の環境は、子供の免疫力(抵抗力)を弱める環境です。

まだ猛暑の夏の手前、梅雨明け前ですが、ビルや電車内、クルマの中では、エアコンがかなり効いています。年中20度〜26,7度を保っている環境は、快適のようですが、僕は気管支が弱いせいか、掃除のゆきとどかないエアコンの下では、咳が出て困ることがあります。

便利さの陰で懸念されることがあります。エアコンに頼りすぎるため、我々の身体の気温差に対する調整力が衰えているような気がすることです。少しの寒さにも我慢しない、できない。少し暑いだけでも耐えて体を慣らすという発想がないのです。

いまの子供たち、特に都市部に住む子供たちは、土と触れる機会がほとんどないと聞きます。母親たちも子供が泥んこ遊びなどして服を汚す、洗濯の手間がよけいにかかるためすぐに叱ったり、不衛生だからと禁止したりすることもあると聞きます。

雑菌の無い(少ない)環境で育つと、身体の抵抗力が育たない、身体を屋外で活発に動かす遊びをしないと、免疫力も強くならないと聞いたことがあります。

免疫力と聞くと思い浮かぶのは、HIV(エイズ)です。免疫力が無くなり、あらゆる菌やウイルスに身体が冒されて死んでいく病だと理解していますが、現代日本の環境は、身体の抵抗力や免疫力などの自己治癒力を弱めているような気がしてなりません。

「地球に優しく」というキャッチフレーズのように、情緒的、道徳、マナー的な感覚で考えているわけではありませんが、人も動物の一種である以上、身体を疎外し弱めるような方向で環境を作っていったら、種としては衰え、滅んでいく方向に向かうような気がします。

かなり飛躍した見方かも知れませんが、昨今の全く堪え性の無いすぐキレル青少年の犯罪報道を見ると、環境や状況に耐える力、順応する力が衰えているような気がしますし、環境ホルモンの影響を指摘する意見もあります。

それと目に見えない社会的、教育的圧力として、あまり生ではっきりした感情は表に現さないことを善しとする価値観、感覚も、人間の動物性を衰えさせ、生物としての活力を疎外しているような気がします。

なんらかのストレスがかかると身体は緊張します。その緊張をゆるめ解放させてやるには、感情を肉体的表現で発散させてやらなければなりません。それが身体と声で表現する怒りや笑い、喜びということです。

それらのストレスや感情を気兼ねなく発散させることたできない環境だと、身体の内側に肉体的、精神的ストレスが鬱積し、ちょっとしたきっかけがあると暴発するのではと思います。

環境適応能力や免疫力から話が外れてしまいましたが、7月には学校が夏休みに入ります。子供たちを外に出して、泥んこになって遊ばせることが、適応力のある強い体と心を作るためには必要ではないかと思います。

※外遊びの懸念材料は、2011年3月に起きた福島の東電原発事故で放散したセシウムなどの放射性物質が、土に含まれていることです。土ぼこりを吸い込まないような注意はしたほうがいいと思います。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング