食べ物が体を作っている

もう30年以上も前になりますが、子供の頃に食べた野菜…トマトやきゅうり、にんじんなどと比べると、今の野菜は全般的に味が薄く、ビタミンなど栄養価もかなり低くなっているようです。それを調味料の味で補ってなんとか美味しく食べているのが、今の日本の平均的食生活といえます。

農薬や食品添加物の問題もあります。一時期、環境問題として注目されていたのですが、危険な農薬は規制、禁止されたものもあり、今ではあまり問題視する人は多くないようでうが、調べてみると、輸入物などは(規制が及ばないせいか)、かなり危険性が高いものも使われおり、食品添加物も、規制の網を巧妙にすり抜けたり、ごまかして使っていることも少なくないようです。

いろいろ探せば、農薬を使わない野菜や抗生物質を使わないようにしている食肉などもあるようですが、入手がカンタンでなかったり、価格が高いのが現状のようです。でも、実際に食べてみると、パンなどは素朴な感じですが、中身が詰まっている感じで、小麦の味がしっかり感じられますし、魚も、養殖ものでなく近海で捕れたものは、抗生物質不使用で保存料や変な添加物や味付けをしてないためか、今まで食べていた物より、素材自体がずーっと美味しく感じられます。

野菜は有機栽培が理想ですが、収穫量が少ないので、入手がちょっと難しいこともあるようですが、旬の物はハウス栽培より生命力が強いせいか、害虫や病気に強く、農薬が抑えられているので、比較的安全だと思います。安全性が高い野菜は、皮も食べられます。皮の付近に風味や栄養が一番あるので、農薬が使われてないものが栄養的にもメリットが大きいと思います。

身体を作っている素材は食物から取り込んでいます。だから、食品の質が、身体の質、ひいては健康状態にまで関係してくるのです。

農薬や化学的添加物、防腐剤、抗生物質などは、ある程度は排泄されるものもありますが、体内にズーッと留まってしまうものもあります。

安全で質の高い食品を食べることは、身体を作っている素材にいいものを使うということです。素材がよければ、身体の質も高まり、機能も向上するはずです。

そう考えると、安いけれど、質の悪い、安全性に疑問のある食品を食べることは、計り知れないリスクがあるのではないでしょうか?

そういう問題をあえて脇に置いておくとしても、安全で栄養価の高い食品は、美味しいのです。毎日の食事をより楽しくするためにも、もう一度、食品の安全性と品質を考えてみることは、必要なことではないかと思います。

埼玉県内の方、整体で健康回復しませんか? ご相談もお気軽に!

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
外出中のときは携帯へ 080-5875-2017(小林)
電話受付時間/9:00~20:00 (日祝定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

.......................................................................................................................

●出張整体(埼玉県川越市内)等で外出している時があります。留守電に伝言をお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
●施術中はゆっくりお話できません。電話番号をお伝え下されば、後ほど連絡さしあげます。
■ヒロ自然療法院/所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

ネットでのご予約/ご相談はこちらからどうぞ!
予約ボタン
.......................................................................................................................