整体で食欲不振と不調が改善

整体で胃腸の調子も改善

食欲不振の男性

「食事は食べられても、お腹が空いた感じがしない」「食べたいという欲求はないけど、食事の時間が来るから食べてる」「食べないと体に悪いし力が出ないから、無理しても食べてる」

こんな食欲不振の方は整体院でも結構いらっしゃいます。また、「常にお腹が張ってる感じがする」「食後に胸焼けがする」という方もいらっしゃいます。

食事はできてるし、仕事など日常生活に支障が出るほどではないという程度の胃腸の不調では、病院に行くほどでないと思う方が大多数だと思います。病院に行けば、待ち時間が多いし、検査でも時間がかかるしということもありますし。

でも、たかが食欲不振と侮っていると、病名が付くほどの状態=病気に罹るリスクは高くなります。一時的なら様子を観る手もありですが、何ヶ月、何年も食欲不振、胃腸の不調を放置するのは、健康寿命を短くする結果につながります。

消化器(胃腸)の働きをコントロールしているのは自律神経の中の副交感神経です。副交感神経は心身がリラックスしたときに働く神経です。食事をしてるときは、ほとんどの人はゆったりした気分になります。職場での昼食を10分で摂らなくてはならない場合などは別でしょうけど。

生まれつきの体質で、胃腸の働きが弱い方はいらっしゃいますが、それでもその方なりに、食欲を感じ、そんなに量は食べられなくても、食事を楽しめてるのが普通です。

はっきりと胃腸の調子が良くない。食事を自発的にしたいとは感じない(食欲不振)が続いている人で、消化器に特定の病変がない時の原因は、自律神経のバランスの乱れです。

心臓がドキドキして呼吸も速くなるような状態のときは、精神的にも緊張しています。そんな時は、自律神経の中の交感神経が優位に働いています。交感神経が働いているときは、リラックスできないので、食欲もありません。

心身を緊張させ、活動的にする働きのある交感神経が優位の状態が続くと、食欲不振だけでなく、様々な症状(不調)が現れてきます。例えば、めまい、ふらつき、倦怠感、耳鳴り、目がまぶしい、頭痛、イライラ、のぼせる、動悸、不眠、慢性的な疲労感などです。

自律神経が乱れる原因

人間関係、仕事上のプレッシャーや不安などの精神的なストレスや、過労、事故、怪我、騒音、夜間の照明、極端な気温なども身体的なストレスになり、自律神経のバランスを崩す原因になります。

夜勤や夜更かしなど昼夜逆転した生活や生活リズムの乱れ、不規則な食事時間や栄養の偏りも、自律神経の乱れの原因になります。

病気が原因で自律神経のバランスが崩れることもあります。自律神経失調症や更年期障害が自律神経の乱れを引き起こす代表的な疾患です。更年期障害では、女性ホルモンの分泌が急激に減ることで自律神経が乱れ、突然のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなどさまざまな不調があらわれます。

環境の変化(転勤、出産、離婚、死別など)も自律神経が乱れる原因になります。

食欲不振は胃腸の負担を減らす

何日も食事をしないと衰弱しますが、1日程度なら、胃腸の調子が良くなく食事がしたくないときは、無理には食べないことが、胃腸の負担を減らし休ませることになります。それほど胃腸の調子が悪くないときでも、食欲の無い人は無理に3食べる必要はありません。

自律神経の乱れが原因で食欲が無いときは、「お腹が空くまで食べない」ことが改善につながります。1日2食にしてみるとか、食べたくない時は飲み物だけにするとかして、義務感で食べるのは止めましょう。

お腹が空くまで食べないことを心がけ、食事はコンビニや出来合いの物は避け、鮮度のいい食材を使った栄養バランスの良い食事を、ゆったりした気分で食べることが大切です。そうすれば、食欲不振、お腹の張り、胸焼け、げっぷなども改善していくでしょう。

当院の整体では、自律神経のバランスを整える施術と胃腸、肝臓など内臓を調整し活性化する施術も行っています。整体で体を整えて食生活を改善すれば、胃腸の調子だけでなく全身が楽になり食事が楽しみになることでしょう。

整体で腰の重ダルさと食欲不振が解消 

20代後半の男性

食欲不振の男性

まだ20代ですが、座り仕事で(事務ではなく手作業)背中の張り、腰の重ダルさ、疲労感などを訴えて通院されていた方がいます。
体型は痩せ型、食欲がなく、胃が常にもたれる感じが常にするとのこと。内臓の不調なので、施術で治るとは思ってないとのことでしたが、私は体調不良は、治る治らないに限らず全てお聞きしています。

もう1年以上も通院されているのですが、体調不良の方は5回ほどの施術で回復し、後は体調維持と疲労回復、身体の歪みを整える目的で、月に1回程来院されています。
背中の張りや腰のだるさ、疲労感が解消されてきたときに、胃の調子をお聞きしたら
「胃の調子もいいです。食欲もありますし、もうもたれません」
とのお返事でした。

特に、胃腸を調整したりするような施術はしていませんが、施術で内臓にも刺激が行くので、施術中にお腹が鳴る人が多いですし、施術を受けた後にお腹が空くという人もいらっしゃいました。
それと、体の歪みが整い、背中の筋肉が緊張して膨らんでたのが取れて、血流などの循環も良くなり、冷えもある程度は解消してきているので、それらの相乗効果で、体全体が活性化され、胃の調子も整ってきたということだと考えています。

※施術効果には個人差があります。

消化不良と腰痛が解消

40代前半の女性

腰痛で通院された女性です。骨盤と背骨の矯正で、施術4回目で腰痛は解消しました。
身体の歪み方が消化器の機能不全(疲れなど)の方特有のカタチだったので、消化器の調子を訊ねると、食べたものが、未消化のまま便として出てくる、とのことでした。

触診で腹部を診ると、肝臓の部分が硬く、軽く押しただけで鋭い痛みが走るとのことでしたので、肝臓の機能促進法を施しました。2回目の後で、便を見るとちゃんと消化された状態で出たと、うれしそうにお話されました。

※施術効果には個人差があります。

腰痛・慢性疲労・胃弱・不眠が解消

40代前半の男性

インストラクター

仕事はスポーツクラブのインストラクターです。趣味でもサッカーなど運動をしています。来院の2ヶ月ほど前に尿管結石で治療を受けました。手術はしていません。血圧は低めです。睡眠時間は5時間ほどです。

症状としては、腰痛と左臀部の凝りがあります。立ってるだけで痛むことがあり、仰向けでもうつぶせでも腰は痛みます。後ろに反らすときが一番痛みます。

次は、慢性疲労感です。5年ほど前からです。消化器官が弱いせいか、下痢をよくします。胃が弱いです。口内炎によくなります。不眠もあります。熟睡できていません。子供が生まれてからは睡眠不足です(子供は3歳)。それ以外では、0脚もあります。

腰に関しては、整形外科で検査しましたが、骨には異常がないと言われました。

いくつもの症状が同時に出ていて、疲労感も含めて体調があまり良くない状態なので、まずは特定部分の治療(施術)より、全身の骨格バランスと内臓状態の調整を念頭に施術しました。

初回の施術後に、腰痛は軽減しましたが、帰宅時に車を運転していた時に、腰が痛くなりました。施術の翌日から2日間は、体全体が辛く感じました。好転反応(整体などの施術を受けた後に、体が回復するときに出る身体反応)だと思います。それ以降は、施術直後より体が軽くなり腰も軽く感じられ、疲労感もあまり感じないようになりました。

4回目の施術の後の休日に、子供を抱っこして動物園内を5キロほど歩きましたが、腰に違和感は出たものの、痛みまでは感じませんでした。

5回ほどの施術で、夜も良く眠れるようになってきたし、食欲も出てきて、胃もたれなどもなくなってきたので、治療(施術)を終了しました。

※施術効果には個人差があります。

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ

 

Posted by 小林昌弘