風邪の効用

風邪の効用

体は風邪で体調管理をする

体の不調は骨格と筋肉の歪みに現れてきます。整体的な解釈では、体の歪みを修正するために、風邪をひく必要があるのです(現代西欧医学的には、もちろんウイルスが原因です)。

野口整体の理論では、風邪をひくことによって、体が熱を出し、汗をかき、それが体に蓄積した疲労や歪みを解消し修正する働きがあるのだということです。

だから、うまく風邪をひき、休養をとり、きちんと治せば、その後の体調は以前より良くなり、重大な病気を発症しないですむというわけです。風邪を薬などでごまかして無理を重ねていると、やがて入院したり手術するはめになるとも限りません。

風邪をひいた際の注意点

(1)風邪薬や解熱剤は飲まない。
(2)無理して仕事などしない。安静にして、ちゃんと寝ている。
(3)汗をちゃんとかく。
(4)ひたいなどを冷やすより、後頭部や足体を温める。
(5)食欲がないときには、無理して食べない。
(6)水分は十分に補給する。

などです。

熱を薬で下げると、治りが遅くなるし、その後の経過もよくない。

体温を上げることでウイルスなどと戦う白血球などの働きが活性化されるのだから、熱を薬で無理に下げれば、白血球などの働きを抑制してしまうからです。

・熱が上がりつつあるときに解熱剤を飲んでも、効果が出にくいようです。。どうしても飲むなら、上がりきってからの方がいいです。39度以下なら飲む必要も心配もいりません。

症状を消す、抑えること=治癒(治ること)ではない

症状を消すことで、不調が潜在化、長期化することもあります。症状を消すということは、自然治癒力の働きを妨害するということにつながるからです。体が戦っている結果として症状が現れるのです。

・体調が悪いのに無理に出社すると、他の人の迷惑になる。口に出しては言わないが、周囲の人はあなたががんばっていると評価するより、本心では、咳きをしながら出てくるなと思っているはずです。

会社はあなたがいなくても、倒産はしないでしょう(笑)。それより周囲の人に病気をうつしまくっていれば、会社としても迷惑です。病気のときには休むのが世界の常識ですし、正しい処置方法です。

・冷やすより暖かくして、汗を沢山かく。そのことで、老廃物や毒素が排出されるし、熱も自然に下がってきます。冷やすということは、体の循環機能を低下、鈍化させます。汗が出ないと風邪は長引く傾向があります。

風邪はあなたの体調管理のバロメーターです。
風邪を敵視せず、風邪とうまくつきあいましょう!

参考文献:『整体入門』野口晴哉 著  『病気にならない整体学』宮川眞人 著

整体で健康回復しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●外出してい時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..