顔の違和感・頭痛・肩こりなどの臨床例

顔の違和感・頭痛・肩こりなどの臨床例

目の周囲の違和感、頭痛・肩こり・腰痛
30代前半の女性

網膜裂孔(左目)で手術をして、眼球の運動をするように医師から言われてするようになってから、目と耳の周囲(両眼)が凝って嫌な感じになる、曇りの日には頭痛がする、腰痛、肩こり、ふくらはぎがつる等の症状の方です。視力は両眼とも0.1以下で、未熟児網膜症でした。

仕事は派遣社員でパソコンを使う仕事です。月に2回ほど指圧を受けていますが、2~3日で肩こりなどは戻ってしまいます。

眼球運動をすると、耳の周囲、特に上部(側頭筋)とこめかみから頬、顎のラインに沿って、凝る感じがして不快感がでます。右の首筋も凝っていて、肩こりも右側が強いです。同じ姿勢(座っているなど)だと骨盤の上の腰部み痛みが出ます。頭は右に傾いています。通勤で電車に50分位乗っていますが、それが辛いです。顔の側面は違和感があるだけでなく、感覚が鈍いです。右股関節部分(鼠蹊部)に痛みがあり、右側の腰椎の際から骨盤の上部にかけても痛みがあります。

症状が同時に体のいろんな部分に出ているので、部分的に症状や痛みを解消していくのではなく、全身のバランスと整え、骨格の歪みを修正し、筋肉の張り、凝りを緩和・解消することを目的に、施術を進めていきました。

一つの症状が軽くなっても、改善しない症状があったり、施術後数日は改善してても、少し戻ったりと波はありましたが、施術を重ねていくうちに、体調は全体的に良くなっていき、辛かった通勤電車もそれほど辛いとは感じなくなるなど、快方に向かっていきました。

8回の施術が終了した時点で、顔の違和感は解消し、肩こりも楽になり、腰も気にならなくなり、曇りの日でもそれほど頭痛がしないなど、かなりの改善が診られたので、後は、体調維持のための施術を月に1度程度継続することをお勧めして、治療(施術)を終了としました。

※施術効果には個人差があります。

肩こり・腰痛・偏頭痛
30代前半の女性

慢性的な肩こり(5年以上)と腰痛(4年以上)、週に1回位偏頭痛(コメカミがガンガン痛む。17歳の頃から)があります。

肩こりは、首の付け根から肩口にかけて左右とも凝りがあり、腰痛は第3腰椎の左側を中心に痛みます。偏頭痛は、病院で処方された痛み止めを飲んでいます。

仕事は立ち仕事が多いですが、パソコンを使う仕事では座っていることもあります。

週1回位のペースで、肩こりと腰痛の治療のため、整骨院で指圧と電気治療を受けていますが、あまり改善しないので、整体を受けてみようと思いました。

姿勢は、体全体が左に傾き、左肩が下がり、骨盤は右方向に捻れています。背骨は腰椎の部分が右側に湾曲しています。

施術では、まず骨盤の歪みを矯正し、腰椎の歪みも矯正しました。それで腰痛と肩の張りは緩和しました。さらに頚椎の調整と首肩の筋肉を緩めていきました。

3回目の施術で、操体法で下半身を中心に歪みを取ったら腰痛は解消しました。左側の肩甲骨の内側に痛む部分があったので、それは抑制刺激(押して緩める)で解消しました。

偏頭痛も、2回目の施術の後からは、痛み止めを飲まなくてもやり過ごせる程度にまで改善し、3回目以降の施術の後、2週間ほど経っていますが、頭痛はない状態を保っています。

※施術効果には個人差があります。

整体で頭痛、顔の違和感を解消しませんか? 

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●外出してい時は留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホでご予約の方はここをタップしてください!

予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..

2017-09-05

Posted by desk@toiee.jp