足湯に血圧、脈拍改善効果アリ!

心臓血管機能改善に足湯、移植待機患者で効果確認

僕の施術の手技の柱は、身体均整法とバランス活性療法という整体手技です。バランス活性療法の指導では、自己療法として足湯を勧めています。

そこの代表が、病院で足湯を実践して治療効果が出た臨床例を紹介していました。少し古い記事ですが、掲載されていた読売新聞の記事の抜粋を転載します。

「足湯」による温熱治療で、心臓移植を待つ患者の心臓血管機能が改善することが、国立循環器病センター(大阪府吹田市)の研究でわかった。

体の深部の温度が上がって末梢(まっしょう)血管の血流がスムーズになることで、心臓のポンプ機能への負担が軽減するらしい。

駒村和雄・心臓動態研究室長は、これまでに、全身浴のできない20~40歳代の移植待機患者4人に対して、温かい蒸気の出る「足湯」装置を使い、42度で15分間温め、30分間保温する治療を2週間行った。

最も効果があったのは、重症の拡張型心筋症で人工心臓を装着した20歳代の男性で、足湯治療により、心筋に酸素や栄養を送る血管の広がりやすさ(血管内皮機能)が正常値まで改善した。さらに、心臓が血液を送り出す能力も向上して、左心房の内径が縮小、リハビリで歩く速度も速くなったという。

足湯で基礎体温がアップ!

バランス活性療法の整体師から、継続的に足湯を行っていたら、35度台だった基礎体温が36度台中ごろまで上がったという臨床例も紹介されたりして、足湯の効果を再確認しました。

ちなみに、基礎体温が低いと免疫力が弱くなり、癌などを発病しやすくなるそうです。

病院で使っている足湯器は、お湯ではなくスチームを使うものらしいですが、代表の話だと、ナショナルの製品だとか。

場所と時間の問題があり、当院では足湯はお勧めしていても、施術としては取り入れてませんが、希望者には、足湯のやり方をまとめたプリントをお渡しし、説明しています。

足湯をする男

足湯器は、お湯を使うものの他に、遠赤外線を使う足湯器もあり、価格的には、むしろお湯で温度制御できるものより安いようです。

病院で使っているものと同じかどうかわかりませんが、蒸気と遠赤外線で暖める方法の足湯器がなんとなく使い勝手が良さそうで、価格もお湯方式のものよりは安いようです。

足湯をしてから施術すると効果がはっきりと上がるようですが、ご自宅で毎日していただくことの方が大切だと思います。

 

下記は7年前の足湯関連の情報ですが、大分合同新聞の2009年7月11日(土)付け朝刊に、「足湯 改善効果アリ」と題して足湯の効果についての記事が掲載されていましたので紹介します。

足湯に入れば血圧や脈拍数が正常値に近づく

大分大学医学部の島田達生教授(健康科学)が、足湯に関する研究結果をまとめた。手軽に温泉気分を味わうことができる「足湯」に、医学的にも〝お墨付き〟が与えられた。

調査は2007年4月から2008年8月まで、研究室の学生が卒論テーマとして取り組んだ。別府、大分市内の観光施設など3ヶ所で、大学生を中心に10~60代の計95人を調査。約10分間、膝下約15センチまで温泉に両足を浸け、足湯前後の体温と血圧、脈拍数、足の皮膚温を比較した。

その結果、低血圧の人は、収縮期血圧が平均で7.37上がり、高血圧の人は、10.0下がり、ともに正常範囲に近づいた(いずれも単位はミリ水銀柱)。

高血圧の人はぬるめの湯(約41度)に浸かると効果が高いが、熱すぎると逆に血圧が上がった。

脈拍数については、対象者が少ないものの、毎分100回以上の「頻脈」の人は、足湯の後には平均で9.0回減少した。60回以下の「徐脈」の人は、16.3回増えた。

島田教授らは、足湯で足の末梢血管が拡張し、血流量が増えたと推測。さらにリラックス時に活性化して脈拍数を減少させる副交感神経や、心機能促進による心拍出量の増加なども影響しているとみている。

若者でも血圧や心拍数が基準値から外れている人も少なくないという。島田教授は「高血圧の人は、温泉はダメと言われているが、ぬるいお湯にゆっくり浸かれば効果がある。足湯で健康増進してみては」と提案している。

大きめのバケツやたらいがあれば、家庭でカンタンにできる「足湯」を習慣にして、健康回復・増進してみませんか?

川越の整体で健康回復しませんか?
不調はがまんせず今すぐお電話!049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは2回だけ。お急ぎの方はお電話で

…………………………………………………..
外出している時は留守電にメッセージをお願いします
施術中ですぐには応答できない場合があります。
住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………