足湯のやり方

足湯(足浴)の効果的なやり方

足湯で冷え性解消の写真

足湯は手軽にカンタンにできる冷え性対策です。体が冷えていると、血液の循環が悪くなり、疲れが取れにくくなり、血管に老廃物がたまってきます。

その結果、高血圧、内蔵の機能低下、冷え性、自律神経の乱れ、免疫力の低下など、様々な病気を誘発するリスクが高まります。

具体的な症状としては、頭痛めまい肩こり腰痛イライラのぼせ、手足のしびれ、胃のもたれ、疲労感、動悸、不眠、生理痛など実にさまざまです。

こんなにある!足湯の効果

足先や手先の冷えだけでなく下腹部が冷えてる内臓の冷えにも、足湯は効果的です。冷え性を改善する為には、足湯が一番です!冬だけでなく冷房や冷たい飲料などで夏でも体は冷えています。年間を通じて毎日続けることが大切です。

足湯をする女性図

足湯は足をお湯につけて温めることで全身の血行をよくして冷えをとる健康法の一つです。冷え性の方はもちろん、足のつかれやむくみ取りやリラックス効果もあるので、寝つけないときにもおすすめです。

足湯には自律神経のバランスを整える作用もあり、続けて行うことで体質改善にも役立ちます。就寝の2時間ほど前に足湯をすれば、朝までぽかぽかと温かさが続いて熟睡でき疲れが取れますし、みずみずしいお肌を保つ効果も期待できます。風邪や生理痛にも効果があり、胃腸などの働きを活発にし便秘にも効果的です。冷えが原因による、ひざや関節の痛みなどにも効果があります。

足湯は体を芯(体内)から温め冷え性を改善します。特に心臓から一番遠い足先は、冷えやすくスムーズな血液循環が行われなくなります。すると免疫細胞の働きも悪くなるのです。足湯を行う事によって自律神経が安定しリラックス効果が得られ、免疫力もアップします。また、発汗作用により体内の不純物や老廃物も排泄されます。

第二の心臓…ふくらはぎを温める足湯

ふくらはぎは「第2の心臓」とも呼ばれ、血圧にも関係してくる大切な部分です。足湯でこの部分を暖めることで、温まった血液が全身へ循環するので大変効率の良い健康法です。
体が弱っている時、風邪をひいて入浴をする体力がないときなど、足湯は体力を消耗しないで出来る最適の入浴法です。また、朝に行う場合には、その日一日の元気が充電されます。

頭が緊張して疲れたときにも、足湯は効果的です。目の疲れもとれます。本や雑誌やテレビを見ながらではなく、身体に意識を集めて足湯の心地よさを味わいましょう。本やテレビを観ながらやらず、足湯の気持ちよさを感じながらやるほうが高い効果が期待できます。

※心臓病、高血圧、低血圧、糖尿病や神経障害などの方が足湯をされる場合は、低い温度(38℃位)で10分間位から始め、徐々に足湯の時間を延ばして下さい。

足湯の正しいやり方

●足のくるぶしより上、ふくらはぎの下くらいまでお湯に浸します。

●40~42度くらいのお湯を大きいバケツかタライに用意します。雑貨店で足湯専用のタライも売っています。

●お湯が冷めないように、タオルで覆ったりするといいでしょう。

●足し湯を用意しておき、お湯が冷めてきたら継ぎ足します。

●お湯の温度や室温、個人の体質によって差はありますが、15分から30分程して体が芯からポカポカして少し汗ばんできたら終了します。

●足をよーくタオル等でふき、冷やさないようにしましょう。

※足湯は大きめのバケツでできますが、足湯用のバケツがホームセンターで売ってます。専用の足湯器が何種類も売られてます(1万円~4万円位)

短時間(8分)でできる足湯の仕方

忙しい方のために、8分でできる足湯の方法をご紹介します。

①アキレス腱にかぶる程度にお湯を張る。温度やお風呂より少し高めで気持ちよく感じる熱さで。

②ぬるくならないように途中で差し湯をしながら6分。6分経ったら足を出して両足を拭く。

③両足の肌の色を比べてみて、温まらなくて白っぽくなってる部分が多い足の方を、さらに2分足湯する。出してる足は冷えないよう靴下を履いておくこと。

健康回復をサポート!川越の整体 ヒロ自然療法院

不調はがまんせず今すぐお電話!049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします
メール・チェックは2回だけです。お急ぎの方はお電話で

……………………………………………………………..
●外出している時は留守電に伝言お願いします
●施術中ですぐに応答できないことがあります
●施術中はゆっくりお話できません。電話番号をお伝え下さい
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………..

2017-09-05

Posted by 小林昌弘