花粉症とアレルギー・アトピーの原因と改善法

アレルギー・アトピー・花粉症

私がまだ子供だった頃(35~40年前)、アトピー性皮膚炎の子だとかアレルギーの子は、あまり見かけませんでした。現在では9歳以下の4割がアレルギー病で悩んでおり、日本人の約30%がアトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などのアレルギー性の疾患を持っているといわれています。僕のクライアントさんの中にも、もちろんいらっしゃいます。

僕が子供の頃は、花粉症など聞いたこともありませんでした。戦後全国の山で大規模に植林した杉が、まだ育ってなかったのも関係しているのかも知れませんが、花粉症と子供のアレルギーが増えてきた時期がかなり重なっていることを考えると、杉だけが原因だとも思えません。

都市化の進行で露出した土が少なくなり、飛散した花粉が地面に吸収されなくなったためとも言われますが、それでも全部は納得できません。

過剰な衛生観念とアレルギーの関係

衛生観念

昭和40年前後から急激に上水道が完備され、都市化の進行で、泥んこになって遊べる場所も少なくなり、衛生状態が良くなったことが主な原因だという説があります。

人間は(もちろん他の動物も)、無菌状態の場所で生活しているわけではありません。多かれ少なかれ無数の雑菌と共に生きているわけです。ある程度雑菌にまみれる環境でないと、異物に対する抵抗力が育たず、その結果、少し異物が入っただけでも過剰反応するようになるとのことです。

異物として排除する必要のないものに過剰に反応する点では、アレルギー体質も花粉症も根は一緒です。過剰に清潔で無菌状態に近い状態を保っていると、本当に害を及ぼす病原菌が入ってきたときに、繁殖する余地がありすぎるため、かえって危険です。雑菌に対する抵抗力が無くなるからです。雑菌と共生していれば、雑菌が病原菌の繁殖を阻止してくれるので、逆に安全だということです。

傷口や食品をバイキンだらけの手で触るのは、危険だと思いますが、それ以外のケースなら、あまり清潔さに神経質にならない方が、抵抗力を高め健康を維持するためにはいいという考え方もできます。

昔は子供の遊びといえば、外で泥んこになって転がりまわっていたものですが、それが雑菌に対する抵抗力を高めていたため、花粉症やアレルギーなどが無い原因の一つだったとも考えられます。

食品添加物とアレルギーの関係

都市化や衛生状態、衛生観念と花粉症などのアレルギーは関係しているのではないか?という話と関連して、食品添加物(化学製品)との関連も考えられます。時期的には食品産業が開発したパッケージ入りの加工食品の普及と花粉症やアレルギーの増加の時期も、ほぼ一致しています。

食品添加物は、工場で加工される食品の保存性を高めるために、また見かけや味を演出するためにも使用されていますが、問題なのは、その摂取量だと思います。化学的に合成された食品添加物を大量に長期間に渡って摂取していると、それを分解・吸収するために肝臓などの臓器がフル稼働しなくてはならなくなり、その結果体力が落ち、体調が悪くなったり、免疫力が正常に働かなくなることも可能性としてはありえます。

農薬とアレルギーの関係

農薬の使用量増加もこの時期と一致しています。微量といえども、野菜や果物などの自然の恵みにも農薬が不着しているのが一般的な状態になっています。農薬が体にいいという人は、一人もいないでしょう。添加物と同様、肝臓にまず負担がかかってきますし、分解されず体内に蓄積される成分もあります。

自然な生活が改善につながる

わたしたちの体も自然の一部です。人が科学的手段で人工的に生命を作り出せない以上、我々自身が自然そのものと言うこともできます。その自然であるべき体内に、人工的に合成した物質を注入するということは、悪影響があってもいいことはないはずです。農薬などは、あくまでも大量に効率的に作物を実らせるために使われている必要悪です。使用しないにこしたことはありません。

健康を回復し維持するために一番大切なことは、できるだけ自然な状態に近い生活習慣や食生活をすることだと思います。ほんの半世紀前までは、花粉症もアレルギーもほとんど聞いたことがなかったことが、その証明と言えるのではないでしょうか?

免疫力の暴走が原因

免疫力の暴走

アレルギーをカンタンに説明すると、免疫反応が、本来無害なものにまで過敏に反応して排除しようとするために起こります。

免疫は、体にとって有害な物質を識別して排除する働きのことを言います。病原体や毒素、異物、自己の体内に生じた不要成分を、自己の構成物質でないと識別して排除しようとする生体防御機構のことです。本来の意味は、特定の病原体に一度感染してから回復すると、その病原体に対する抵抗性をもつようになり、同じ病気に罹らなくなることをいいます。

この免疫の働きは、ふだんから雑菌と言われる微生物と接していないと、活性化されません。つまり、現代の過剰な清潔志向が、免疫力を低下させていると言えます。

アレルギーやアトピー・花粉症は、免疫力正常に働かなくなってた状態と暴走している状態とも言えますし、免疫力の低下が引き起こしているとも言えます。

生活環境の中に、化学物質や花粉などのアレルゲン(原因物質)が増えていることも原因のひとつですが、喘息などを例にとれば、大気汚染が改善しているにも関わらず、10年ほど前と比較して、2倍に増えていることを考えれば、免疫力をはじめとして、身体のバランスが崩れてきていて不安定になり、様々な刺激に対して過敏に反応するようになってきていると言えると思います。

ストレスでアトピーが悪化

ストレス

自律神経失調症などもこの胸椎5番の緊張と関係しているようですが、ここが緊張している状態というのは、要するに強いストレスが常にかかっているということもできます。胸椎5番から上の背骨の両脇の筋肉が背中から首まで張り詰めている状態です。

現代人は様々なストレスに晒されています。会社や職場での仕事上のストレスをはじめとして、通勤ラッシュや学校での人間関係、家庭でも大なり小なりストレスがあると思います。

現代人は、こういったストレス過剰な生活環境に置かれているせいか、自律神経の中の交感神経(闘争と逃走の神経とも呼ばれるように、激しい活動を行っている時に活性化する)が優位になっています。整体の施術を通じて感じるのは、現代日本人の多くが、大なり小なり常に緊張状態にあり、自然にはリラックスできなくなっているということです。

整体院に来られる方の中には、特にはっきりとした痛みや症状がない方もいます。それでも施術後に、「どこがどうと正確に説明できないが、身体全体がしゃきんとして、すっきりした気分、楽になった、リラックスできた」と言われます。ということは、自覚症状がなくても、毎日ストレスに晒され緊張し疲れが溜まって体が重くなっている人が少なくないということです。

人間関係や生活状況、環境の変化によるストレスは、アトピーの原因になります。特に精神的なストレスは、アトピーを悪化させる大きな原因です。周囲の人に気を使い過ぎる人や、職場の人間関係がギクシャクしてることがストレスになってアトピーが悪化したというケースもあります。

子供も頃、アトピーがあって大人になって治まった人でも、進学、就職など生活環境が変わったときに再発するケースはあります。

食物アレルギーがアトピーの原因だと言われることが多いですが、精神的な要因はあまり注目されていませんが、ストレスは、食物や寝不足、過労と並んでアトピーを悪化させる大きな原因です。

アトピーや喘息の人の姿勢

アトピーや喘息の方を施術していて感じるのは、直立したときに重心が踵の方(後ろ)にかかっているということです。これは骨盤が後ろに傾き、バランスを取るために顎が前に出て、姿勢としては猫背(前湾)の状態になっています。

この姿勢は胸に緊張を引き起こすので、上半身、特に首から肩にかけて凝りやすくなっており、身体全体が柔軟性に欠けた印象です。

背中側でいうと、胸椎5番(肩甲骨の中ほどの位置)とそれにつながっている肋骨も硬くなっていると推測されますが、胸椎5番は、整体的に観た場合、免疫活動の中心ともいえる箇所です。

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ