自律神経は生命維持装置

自律神経系

自律神経は意思に関係なく独立して働き、消化・呼吸・発汗・新陳代謝などの機能を制御し、血圧を調整することで体内環境機能を一定に保ち生命を維持する、重要な働きを担っています。

神経伝達は体調を左右する

神経系解剖図

全身にはりめぐらされている神経は、脳からの指令を体の各部分に伝え、体が受けた刺激や体の状態を脳に伝える重要な器官です。その中心は、背骨の中を通っている神経です。

この神経の流れがスムーズであれば、心臓、肺、胃、肝臓、腸、腎臓や血管、筋肉などが、順調に働き健康を維持できるのです。

神経の流れが滞ると、脳からの指令が臓器にスムーズに伝わらなくなり、体からの情報も脳に伝わらなくなります。

その結果、臓器の働きが鈍り、体の状態に的確に反応できなくなり、筋肉の凝りや痛み、めまい、冷え、不眠などの不快症状が現れます。これらは体の異常を伝える警告なのです。

神経のつまりを取って、自然治癒力(体に備わっている病気を治す力)を活発にすれば、臓器の働きが良くなり、たいていの病気は自然に快復していきます。当院の整体なら、それが可能です。

自律神経の仕組み

知覚(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚など)や運動神経(体を動かすときに使う神経)と違い、自律神経は私たちの意識や思考と関係なく独立して自動的・自律的に働いています。

自律神経が働いているから、意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりすることができるのです。

自律神経には、交感神経(活動するための神経)と副交感神経(休むための神経)があります。この二つは、一つの器官に対して必要に応じて自動的に切り替わるようにして働いています。

交感神経は、身体活動や恐怖などストレスの多い状況に対処する為に必要な反応とエネルギーを供給する役割を果たしています。ストレスに対応して交感神経は血圧と心拍数を上昇させ、胃腸・腎臓・皮膚への血流量を減らし、骨格筋への血液供給量を増やします。

体を休ませ体力を回復し、新たなエネルギーを獲得するときに働くのが副交感神経です。心拍と血圧を下げて、皮膚と胃腸への血液を増やし、瞳孔と細気管支を収縮させて、唾液腺分泌を刺激して、消化器官の動きを活発にします。 副交感神経系は体力回復と省エネルギー化に向けて活動します。

体内環境を一定に保つ

全身のほとんどの器官は交感神経と副交感神経両方の支配を受け、二つの神経系がバランス良く働くことで適正に保たれています。呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌などのシステムを調整し、生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割です。

体温調節とホルモン分泌の役割も

人など哺乳類の体温は、外部の気温に関係なく、常に一定に保たれています。もし、体温が外部環境によって変わってしまえば、体内の代謝活動に影響が出るので、生命維持活動に支障が出てきます。自律神経は、体温調節でも重要な働きをしているのです。

自律神経はホルモン分泌とも密接に関係

大脳の視床下部が、自律神経系(交感神経と副交感神経)をコントロールしています。

視床下部に近接している脳下垂体では、様々なホルモンを分泌しています。視床下部はこの脳下垂体もコントロールしているので、視床下部がホルモンの影響を受けることもあります。ホルモンの変化のリズムが自律神経の働きにも影響を及ぼすのです。

ホルモンのバランスが不安定になると、それにつられて自律神経のバランスも不安定になってしまいます。

女性に自律神経失調症が多くみられるのは、排卵・月経・妊娠・更年期等の性周期によって、女性ホルモンのバランスが変動するからです。

免疫の調整とも関係

自己免疫力が高い状態の時は、体調が良く、病気に罹りにくい状態です。罹ってもすぐに自然治癒します。

自己免疫力の高い状態というのは、白血球の顆粒球とリンパ球のバランスが保たれている状態です。顆粒球とリンパ球のバランスと保っているのは自律神経です。

ストレス(過労、心の悩み、薬の長期使用など)がかかると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経優位の状態が続きます。

ストレス刺激→交感神経の緊張→顆粒球の増加→リンパ球の減少→自己免疫力の低下

自己免疫が低下すれば病気に罹りやすくなります。ストレスは万病の元といわれるのは、このような理由からです。

病気になるのは、自律神経のバランスが崩れたときです。交感神経が過度に緊張した状態や、副交感神経優位の状態が長期間続くと発病のリスクが高まります。

自律神経が正常に機能するには、交感神経と副交感神経のバランスが大切です。これらがバランス良く働いていれば、自然治癒力が高まり、病気にかかりにくい抵抗力のある体を維持できます。

自律神経失調症

自律神経失調症の女性

叔母が耳鳴りで病院を受診したときのことです。検査の結果は異常無し。耳の機能的障害が原因ではなかったようです。医者も何か治療をしなくてはと思ったのかどうか、数日入院して点滴を打ってもらったそうですが、耳鳴りは治まりませんでした。

その話を母から聞いて、これは自律神経失調症ではないかと思いました。叔母は寝つきが悪く、就寝するのは午前2時過ぎとのこと。性格もゆったりしているのとは正反対のせっかちでテンションが高い人です。

自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあります。この二つの神経が必要に応じて切り替わり、バランスよく機能すれば心も体も快適なのですが、 こ自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。ほとんどの場合、自律神経自体の障害ではなく、ストレスなどによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるのが原因です。

二つの神経が必要に応じて切り替わり、バランスよく機能すれば心も体も快適なのですが、 こ自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。

この病気は、慢性的な不調があっても、病院での検査では異常無しと診断されることが多いのが特徴です。

症状としては…

・疲労感
・汗がたくさんでる
・眠れない、目眩がする
・目が疲れる、涙目、目が開かない
・食欲が無い
・腹が鳴る
・口の中が渇く、痛い
・微熱が続く
・肩こりがひどい
・頭痛が消えない
・体がふらふらする
・耳鳴り
・生理不順
・インポテンツ
・頻尿・残尿感・尿が出にくい
・下痢や便秘が続く
・安静にしていても動悸や息苦しさがある
・喉に異物感がある
・イライラや不安感がある

などさまざまなカタチで現れます。

川越の整体で健康回復しませんか?

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00(不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
……………………………………………………..
外出している時は留守電にメッセージお願いします
埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………….