自律神経の乱れチェック方法

自律神経の乱れをチェックする

自律神経が乱れると出る症状

不規則な生活が自律神経のバランスを崩します。睡眠や食事、仕事、休養などの生活リズムが乱れると、自律神経も乱れてきます。

自律神経の働きは、仕事のときは交感神経が活発になり、睡眠や休養のときは副交感神経が活発になります。

夜更かしや不規則な食事が続いて生活のリズムが乱れると、交感神経と副交感神経の切り換えがスムーズにいかなくなり、自律神経のバランスが崩れてきます。

毎日の起床・就寝時間、1日3回の食事時間を決めておけば、自律神経失調症の予防になります。

自分の体に合った睡眠時間を

最適な睡眠時間は8時間といわれてますが、実際はかなり個人差があるようです。大人でも8時間以上眠らないとすっきりしないという人もいれば、5時間位でも十分という人もいるようです。時間が短めでも、朝、目覚めたときにすっきとして「さぁ、今日もやるぞ!」という気分になれれば、それがその人にとっての最適な睡眠時間といえます。

「もっと眠らなければ」とか「眠時間が少ないと体調が悪くなる」などと思い込んでいると、それ自体がストレスになります。自分の体が求める最適な睡眠時間知っておくことが、健康維持に必要なことです。

体調を気にし過ぎない

ストレスが全くない生活などありえません。ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、心身の不調を感じることは誰にでもあることです。その不調をどう受け止めるかによって、体調の良し悪しが左右されます。

心身の調子に敏感過ぎる人は、ちょっとした不調でも気にし過ぎてしまいます。そうなると、それが現実的な「症状」として定着してしまうこともあります。多少調子が悪くても、それにあまりこだわらないように心がければ、自律神経失調症の予防につながります。

自律神経失調度をチェックする方法

(1)ベッドや床に横になって、少し安静にする。

(2)手首(親指の付け根のあたり)で心拍数を計る(1分間で何回か)。

(3)立ち上がって、同じように1分間の心拍数を計る。

(4)立ってるときの心拍数から寝てるときの心拍数を引く。

※何回か計って、平均をとると正確な数値が得られる。
※体調が悪いとき、食事・運動の直後や精神的ストレスがかかっているときは避ける。

●自律神経のバランスが整っているのは、10~20の間。

●数値がマイナスになったり30を超えた場合は、自律神経が失調している可能性が高い。

自律神経失調症のチェック項目

□頻繁にめまいや耳鳴りがする。立ちくらみをよく起こす。
□胸が締め付けられる感じがする。胸がザワザワし落ち着かない気分の時がある。
□心臓の鼓動が、運動してないのに早くなったり、脈拍が飛ぶ感じの時がある。
□息苦しくなる時がある。
□夏でも手足の冷えを感じる。
□胃の調子が悪い時が多い。(食欲不振・胸やけ・お腹の張り感・胃重感など)
□よく下痢や便秘をする。あるいは便秘と下痢を繰り返す。
□肩こりや腰痛が治りづらい。
□手足のダルさをよく感じる。
□顔汗をかく。または手足だけ汗をかく。
□朝、起きた時に疲労感がある。
□気候・気温の変化に弱い。
□光源を見てないのにまぶしく感じる時がある。
□いつも寝不足感がある(7時間以上寝ても)。
□夢をよく見る。(怖い夢や争う夢。うなされる。金縛りになる場合は要注意)
□風邪をひいてないのに咳が出る。(特に首に触れた時や、冷気を吸った時など)
□飲み込みづらい時がある。喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

※4個以上当てはまる方は、要注意です。7個以上の方は一度病院の受診をお勧めします。

「あなたの自律神経の健康度をセルフチェック!」(自律神経失調症ガイド)

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ

 

Posted by 小林昌弘