自分の人生を生きる

人生は、自分の意思と欲望と都合で決めるものです。人に言われた通りに考え決断し行動する人生では、自分の人生を生きたとは言えません。

どう生きたかが問われる

自分の人生

人生の意義や目的は、目標を達成することにはありません。自分の価値観と感情に基づき決断し行動し感じ感動すること。これこそが生きる目的なのです。どんなに社会的、経済的に「成功」したとしても、自分で考え感じ実行した結果でなければ意味はないのです。

どんなに社会的立場を得ようと、どれほどの資産を得ようと、どれほどの人間関係を築こうと、死ぬときは必ずきます。あの世に資産も人間関係も持ってないいけないのです。

今わの際に(臨終の時に)問われることがあるとすれば、どのように生きたかだけです。何を残したかではありません。それはどう生きたかの結果に過ぎません。

他人の言う通りに生きた人生は、自分の人生を生きたことになりません。つまり無価値ということです。代替が利く人生ということです。

成功や失敗は、しょせん、この世の出来事のありふれた結果に過ぎません。何も新しいことに挑戦しなければ、失敗はありません。でも、そこには進歩も学びも喜びもなく、あるのは惰性です。

そんな人生に生きる価値はありません。結果に拘りすぎると自分と人生を見失います。今が全てなのです。過去も未来も自分の脳内のイメージ、記憶に過ぎません。

自分の力を出し切ること

今を精一杯生きましょう!自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の肌で感じたことを自分の感覚で認識し自分の頭で考え、自分で決断し行動するのです。

それが生きるということです。自分の人生を生きるということです。空気など存在しません。あるように皆が装っているだけです。ありもしない「空気」など読む必要はありません。

そんなことをしていると、自分の人生を失います。今わの際に後悔したくなければ、自分の人生を生きましょう!全力で!

 

◎ブログランキングに参加中。下記のボタンをクリックしてもらうと更新のはげみになります!

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

世界観・人生観

Posted by 小林昌弘