汗腺を活性化する方法

汗腺を活性化する方法

夏でも、エアコンや冷たい飲み物で、逆に体を冷やし、汗もかかない人が増えているようです。

暑い夏だからこそ、ちゃんと汗をかけば、夏バテもせず、夏風邪にもかからず、元気に夏を楽しむことができます。

そこで、衰えている汗腺を鍛えて、よい汗をかけるようにする「発汗トレーニング」の仕方をご紹介します。

人間(生物は全て)の身体は、使わない部分は退化します。汗腺は人類に進化していく過程で発達してきた器官なので、歴史が浅く、未完成の部分が残っているので、使わないと退化しやすいのです。

バスタブに膝下までの深さにお湯をはってください(かなり熱めの43~44℃くらい)。熱めのお湯で汗腺を刺激するわけです。

バスタブに浴室用の小さな椅子(腰をかける台)を入れます。

椅子に腰掛け、両腕の肘から先と両脚の膝から下をお湯に浸けま す。汗が出てきたらOKです!

その後で、バスタブにお湯を足し、半身浴をするとさらにいいでしょう。半身浴は38℃くらいのぬるめのお湯で、鳩尾(みぞおち)の深さまで入ります。

手足を高温で温めると、自律神経のうちの交感神経が優位に働きます。ぬるいお湯でする半身浴は、副交感神経が優位になります。高温での手足浴とぬる湯での半身浴を一緒にすることで、自律神経のバランスを整える効果があります。

手と足だけを浸すのは、脳から遠い手足の汗腺は、機能低下しやすいからです。足や腕で血液が温められると、その血液が体の深部に回り体の芯まで温まると、脳の体温センサーが感知して、よい汗をかくからです。

毎日、二週間ほど続けると、さらさらのよい汗がかけるようになったと実感できると思いますので(個人差はあります)、あまり汗がかけない人、かけてもベトベトした汗で気持ちよくない人は、ぜひ続けてみてください。 !

埼玉県内の方、整体で健康回復しませんか? ご相談もお気軽に!

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

スマホでの予約はここをタップください

 

…………………………………………………………..

●外出している時があります。留守電に伝言をお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。

所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

ネットでのご予約/ご相談はこちらからどうぞ!
予約ボタン
…………………………………………………………….

Posted by desk@toiee.jp