睡眠は量より質が大切

睡眠は量より質が大切

腰痛の人を施術していて感じることのひとつに、睡眠不足があります。一見、腰痛と睡眠不足は関係ないと思われるかも知れませんが、実際にはかなり密接に関係しています。

●整体(体の調整)しても、結果が思わしくない場合。

●施術後に調子がよかったのに、数日後、来院されたときに腰痛再発された場合。

●ぎっくり腰の場合。

などに該当する人に、睡眠状況を尋ねると、多くの場合、睡眠が5時間を切っていたり、不規則だったりします。

睡眠を十分にとってないと、体の疲労が蓄積していくだけでなく、睡眠中の寝返りで、体が自発的かつ自然に骨格や筋肉の歪みを十分に修正することができず、歪みも蓄積していくことが考えられます。腰痛以外の症状でも、睡眠不足がひとつの原因となっている場合が多いようです。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠という2つの異なった状態があります。人間は眠りに落ちるとこの2つの状態を約90分周期で繰り返します。それを考えると、睡眠時間は90分単位で決めたほうがすっきりと目覚めるわけです。それを考えると、6時間~7時間半が標準的な睡眠時間と言えると思います。

睡眠は量(時間)だけが問題ではありません。質が大切なのです。長時間、横になっていても、熟睡できないと、疲労感が解消されず、寝覚めもすっきりしません。比較的短時間でも、熟睡できている人は、朝、シャキンと起きることができます。

熟睡できない(不眠)の原因

筋肉の緊張状態が続くと、それが大脳に伝わり、熟睡できなくなります。寝返りで体を転々と動かすことで、筋肉を緩め、骨格の歪みをリセットすることで、深い睡眠を得ることができるのです。

背骨が固まっている状態だと、熟睡はできません。背筋などをゆるめて、背骨の弾力を取り戻すと、よく眠れるようになります。

よく眠れないからと睡眠剤(睡眠導入剤)を常用すると、病気を一つ抱えるのと似たようになる危険があります。

睡眠薬の副作用には、記憶障害や健忘症、ひどくなると興奮や幻覚、妄想を引き起こすこともあるようです。直接的な原因とはいえないまでも、睡眠薬を何年も常用していると認知症になりやすくなる可能性は否定できないような気はします。

睡眠剤による睡眠は、睡眠の質を下げます。睡眠剤や安定剤は、免疫を抑制するから、感染症や癌に罹りやすくなるのです。生活習慣の見直しと整体で体質改善をするほうが安全で根本的な不眠解消法になります。

熟睡で得られるメリット

●筋肉へ送られる血液の量が多くなり、体力が回復します。

●体温が下がってエネルギーを温存します。

●代謝活動が最低になって組織の成長や回復に備えます。

●脳下垂体前葉からの分泌が24時間中最も活発になり、成長ホルモンが成長を促し、体の組織を修復させます。

このように質の高い睡眠は、日中の活動に備えて体力をたくわえるのに絶対に欠かせないものなのです。

あなたは、十分に睡眠を取っていますか?
熟睡できてますか?
目覚めはすっきりしていますか?

整体で不眠解消しましょう。ご相談もお気軽に!

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●出張整体(埼玉県川越市内)等で外出している時があります。留守電に伝言をお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
●施術中はゆっくりお話できません。電話番号をお伝え下されば、後ほど連絡さしあげます。
■ヒロ自然療法院/所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホで予約の方はここをタップしてください!
予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..