発熱の意味

発熱の意味

発熱は体の防衛反応

体は発熱することで、不要な物質や細胞を焼却し排出する

発熱の原因と意味熱はウイルスや細菌が直接的原因で出るわけではありません。これらの病原体を攻撃し死滅させ排出するために体が反応し、その結果として発熱するわけです。熱は体の防御反応なのです。

したがって熱だけを下げようとすることに意味が無いだけでなく、体がばい菌やウイルスと戦いにくい状態を作り出してしまうことにつながります。ばい菌やウイルスは体温が上がると増殖する速度が鈍るといわれています。

また、体がばい菌などと戦うためには、体温が高い方が有利です。白血球の働きが強まり、ばい菌を食べる力が高まるからです。

解熱剤について

発熱で最も一般的な病気(症状)は風邪です。風邪をひき熱が出たり咳きや鼻水など他の症状が出ると、解熱剤の入った風邪薬(症状を抑える薬)を飲むことが治療だと思われていますが、実は、発熱することで体内に侵入したウイルスの増殖を抑制し、風邪のウイルスを無力化する抗体が体で作られることが最近の研究でわかってきました。発熱が生体防御の第一線を担っているわけです。

したがって、解熱剤で風邪の発熱を無理に下げることは、自然な治癒力を損なっていることになります。解熱効果の高い風邪薬など、特に風邪の初期に服用することは、発熱による初期の防衛力を弱めるため、風邪の治癒を遅くする結果になる場合が多いようです。

解熱剤は発熱や発熱に伴って現れる、倦怠感、頭痛、体のさまざまな部分の痛みなどの不快感を和らげる作用もありますが、39度以下の熱なら、それほど心配することはないと思います。どうしても使いたい場合は、熱が上がりきったときに使った方が効果的です。ただし、39度以上の熱が4日以上続くようなら、医師の診断を仰いだ方がいいでしょう。

低体温の人の場合

平熱が36度以下の低体温症の人は、免疫細胞がウイルスや細菌と戦える温度にまで体温が上昇するのに時間がかかります。また、熱の感じ方や体力の消耗も大きくなるため、回復に時間がかかることが多いようです。
す。

発熱への対処法

発熱の原因が細菌感染(注1)などの場合、ある程度体温の高さと症状の重さに相関関係はあります。つまり体温が高いほど重症である可能性があるということです。

しかし、風邪などの場合はその原因はウイルス(注2)です。ウイルスの場合、例えば突発性発疹やインフルエンザなどのように、症状の軽重に関わらず、一律に高熱が出るものもあります。だから、必ずしも高熱だから重症とは言えない場合があるので、衰弱が激しいか、体力があるかなど、全身の状態で判断することが必要です。ちなみに、41度以下なら高熱で脳がダメージを受けるということはないようです。

*注1 細菌とは単細胞で核膜で核を持たない原核生物であり、分裂をすることにより単独で増殖していきます。すべての細菌が有害というわけではなく、人と共生している大腸菌や乳酸菌のような有用な細菌もあります。

*注2 細胞は生物の基本単位ですが、ウイルスには細胞はありません。そのため、ウイルスは自力で増殖できないため、生物の細胞に寄生することによって増殖していきます。

*参考文献:『いのちの輝き』 ロバート・C・フルフォード&ジーン・ストーン著 上野圭一訳 

 

発熱は回復のために必要なプロセス

(野口)整体の世界では「発熱を許容せよ」ということが 昔から言われています。
病気になって熱が出るのは回復のために必要なので、 いいことだというわけです。

解熱剤など飲んで、発熱を抑えたり、下げたりすると、 病気が長引き、回復が遅れます。これは現代医学でもわかってきていることです。

白血球の中にマクロファージというのがいます。これは、細菌、ウイルス、がん細胞などの異物を食べ てくれるのです。マクロファージは、食べた異物の情報をヘルパーT細胞 に伝達する役割もあります。

マクロファージが活性化すると、他の白血球の攻撃力を高める物質を分泌します。この物質のなかのひとつが、 脳の視床下部にある発熱中枢に作用して発熱するのです。

体温が1度上がると免疫力が25%高まるとも言われています。発熱は免疫力を高めるための生体防御反応なのです。体温が低いと、ウイルスや細菌、がん細胞などと戦う力が乏しく、体内で有害菌や悪玉菌が繁殖しやすくなり、 感染症を起こしやすくなったり、些細な病気でも長引いたりします。

私の父は肺がんで死にましたが、危篤状態になり病院に行ったときには、既に意識はありませんでした。しかし呼吸は比較的安定しており、一時でもいいから意識を戻したい一心で、指の爪を両側から強く揉み始めました。

考えてやったわけではありませんが、なんらかの刺激を与えれば、機能や意識が多少なりとも活性化されるのではないかとは、漠然と思っていました。(後で知りましたが、これは新潟の福田医師が考案した免疫力を高める爪もみ療法でした。)

その数分後、意識は戻らないものの、父は体を少し動かし、うめき声のようなものを洩らしました。しばらくして看護師が来て、熱を計りに来て、「発熱してますね」というが早いが、氷嚢で額と胸を冷やし始めたのです。危篤状態の病人が多少発熱したからといって、風邪でもひいて寝ている病人にするように、ただ体の冷やすというパターン化した処置に疑問を感じましたが、専門家のすることなので、口を出せずにいましたが、その直後に、父の容態は急変したのです。

呼吸が荒くなり、不規則になったのです。弟もその処置が原因だと気づいたようで、氷嚢を払いのけましたが、間もなく父は逝ってしまいました。

発熱は免疫力を高めるための生体防御反応なのです。 体温が低いと、ウイルスや細菌、がん細胞などと戦う力が乏しくなり、体内で有害菌や悪玉菌が繁殖しやすくなり、感染症を起こしやすくなったり、些細な病気でも長引いたりするのです。

そんな医学的なことはわからなくても、発熱するということは、まだ生命力が残っているということです。それを強制的に、しかも瀕死の状態の人間に対して、下げるということは、死期を早める効果以外の何ものでもないと実感しました。

このことがひとつのきっかけになり、以前はかなり期待と信頼感を持っていた現代医療と西洋医学に疑問を持つようになりました。それが現在の仕事に結びついています。今の自分なら、多少は父の死期を遅らせることができたのではないかという思いもあります。

それが私に体をまかせてみようと思い来院される患者さんに対する整体施術の動機付け、原動力になっていると感じることがあります。

整体で健康回復しませんか? ご相談もお気軽に!

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●出張整体などで外出している場合があります。留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
●施術中はゆっくりお話できません。電話番号をお伝え下されば、後ほど連絡さしあげます。
■ヒロ自然療法院/所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホで予約の方はここをタップしてください!
予約ボタン

………………………………………………………………………………………………………..

2017-09-05

Posted by desk@toiee.jp