痛むわけ

肩が痛む女性血行に障害があり、血圧が低いと、筋肉の細胞内のエネルギー交換、呼吸(酸素と二酸化炭素の交換)がスムーズにいかなくなります(効率が落ちる)。そうなると筋肉に老廃物が蓄積されやすくなります。老廃物自体が、さまざまな痛みを作る物質(発痛物質)になるのです。

筋肉のコリが慢性化すると痛みまだ発するのは、老廃物が蓄積しているからです。血圧を(その人に合った)値にし、血行をよくすることで、コリは自ずと解消し、筋肉の凝り、張りによる痛みは解消に向かいます。

慢性痛のメカニズム

自律神経と痛みは関係しています。ストレスが心身にかかると、交感神経が優位になります。自律神経は全身の血管に張りめぐらされていますから、交感神経の働きで血管は収縮します。その結果、血流が悪化し、細胞に栄養や酸素を与えることができなくなります。

血液が不足した部分の組織は酸素が足りなくなります。酸素欠乏で代謝が滞ってくると、嫌気性代謝という酸素を必要としない代謝活動が発生します。そうすると、ブラジキニンやプロスタグランジンといった痛みを感じる発痛物質が放出され、これらの物質が知覚神経を興奮させ痛みが生じます。

以上のようなメカニズムに陥ると、痛みの悪循環が発生し慢性的な痛みに悩まされることになる、というケースは多いように思います。

また、痛みは、体が傷つき細胞組織が壊れたときに発生しますが、慢性的な痛みの場合は、特定の部分に損傷がなくても発生することがあります。いわゆる原因不明の痛みといわれるものです。

痛みと整体

痛みを解消する整体

整体に来て、痛みだけ消えればいい。そう思っている人は少なくありません。薬好きの日本人は特にそうかも知れません。痛みや不快な症状さえ消してくれれば、それでいいと。それだけを期待して来院される方はいらっしゃいます。

こちらも仕事なので、できるだけそれに応えようと、できるだけ短期間に少ない回数で症状を消そうとしていたこともあります。いまもその気持ちはなくはないですが…

しかし、そんな意識の患者さんは、痛みが軽くなったて動けるようになったり、ましてや痛みが消えようものなら、今まで動けなかった分を取り戻そうとして、フル回転で活動開始する方が少なくないのです。

もちろん、痛みが消えたからといって、完全に治ったわけじゃないと言うようにしてますが、なかなか聞く耳を持ってもらえないことがあるわけです。

そんな場合は、案の定、再発して以前の状態に戻ったりして、再び来てもらえればまだいいのですが、 病院へ行き、痛み止めだけもらってしのいでいる人もいるようです。

痛みの程度にもよりますが、痛みだけを消しても、不調部分が治るわけでないので、かえって原因を隠蔽、放置する結果になり、症状が慢性化、悪化する結果になることが少なくないようです。

悪すぎて、体が鈍感になり、痛みすら感じないということもあり得るのです。痛むということは、治ろうとしているということでもあります。

体はこの世での拠り所です。もっと大切にして、体の声も聞いて欲しいと思っています。

湿布薬の長期使用は危険!

貼付用の湿布薬の長期使用は、大変危険です。消炎鎮痛貼付薬には、インドメタシンという痛みを感じさせるプロスタグランジンの合成を阻害する成分が入っています。

これが体内に入ると、交感神経を緊張させて血流障害を起し、顆粒球が増えます。

顆粒球が増え過ぎると常在菌と反応して化膿性の疾患が増えたり、顆粒球が死ぬときに放出する活性酸素で組織破壊が起こります。

要注意の痛み

腎臓機能が低下すると、腰の痛みや張り、コリを感じることがあります。慢性化している腰部から上(上半身の下部)に張り、コリ、鈍痛や、腰部の横から大腿部の外側にも鈍痛やしびれがある人は、腎機能低下の可能性があります

要注意の痛み。心臓疾患の初期症状に、左腕と左肩の痛み、肩こり背中の痛み胃痛、胸の痛み、吐き気などがあります。このような場合は、安全のために病院を受診したほうがいいでしょう。

当院でも、筋肉や関節の痛みで来院された場合でも、全身を診て状態が悪い場合は、病院の受診をお勧めしてます。

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です