痛みの意味

痛みの意味

痛みは体からのSOS

体は危険を感じると、痛みのカタチで信号を発信します。痛みは危険回避のための合図です。痛みがあるおかげで、体は危険から身を守ることができのです。

まったく痛みを感じることがなかったら、どんな危険が迫っていても避けることも防御することもできません。その結果、ひとつしかない命を落としてしまうリスクが非常に高くなります。まさに痛みは、体に異常が生じている事を自覚させる危険信号といえます。

また、痛みは体だけでなく、心理的な刺激からも感じることがあります。このメカニズムも体と同様に、個体に悪影響を及ぼす不快な刺激、異常事態が発生ていることを知らせてくれる働きがあります。

このことからもわかるように、痛みは体で感じるのではなく、心(脳)で感じるものなのです。

具体的には痛みは…

【末梢神経】→【脊髄】→【視床下部】→【大脳】

という経路で刺激が伝わり認知されます。ちなみに痛覚は触覚が強くなったものではなく、独立した感覚です。

痛みの感じ方は主観的

痛みが伝わる経路は最終的には大脳に行き着きます。痛みを頭で感じるということは、環境・精神状態・肉体状態などによって痛みの程度が左右されるということです。同じくらいの刺激でも、受け取る側の条件や過去の痛みの記憶などによって痛みを感じる強さに差が出てくるということです。

痛みが強くなる要因

不眠・疲労・不安・恐怖・怒り・悲しみ・うつ状態・孤独感・苛立ちなどのネガティブな感情や状態のとき
痛みは強く感じられます。

痛みが弱くなる要因

人との心地よいふれあい・楽しい会話・気分の高揚・熟睡できたとき・気晴らしできたとき・楽しいことをしているとき・安らぎを感じているとき、痛みは弱く感じられます。

心因性の痛み

人は体そのものの変化だけでなく、精神状態や社会情勢 さらには人間関係などの問題から来るストレスから逃れるために痛みが起きたり、痛みを増幅したりする事があります。

したがって肉体的には正常で原因が見当たらない場合でも、クライアント(患者さん)が痛みを訴えていれば、その痛みは確かに存在するし、実際に苦しんでいることは確かです。

また、痛みが非常に強かった場合や長期間続いた場合には、痛みの原因が取り除かれた後でも、痛みが脳に焼きつき残像として残ることがあります。

 

整体で健康回復しませんか? ご相談もお気軽に!

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

………………………………………………………………………………………………………..

●出張整体などで外出している場合があります。留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
●施術中はゆっくりお話できません。電話番号をお伝え下されば、後ほど連絡さしあげます。
■ヒロ自然療法院/所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

スマホの方はここをタップすると電話できます!
予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..

Posted by desk@toiee.jp