出産後のケアは整体で

出産後の不調解消の施術例

産後のケアは整体でイメージ

産後の腰痛

30代前半の方です。出産後、腰痛が再発した方を施術したことがあります。

仰向けで寝て体を動かすと左の仙腸関節付近が痛みます。出産前に腰痛と骨盤の歪みを気にされて来院され、1回だけ施術を受けられましたが、その後は、出産まで腰は全く痛まず、自身の体重も増えず(胎児はもちろん増えた)、出産も安産だったそうです。

首肩も痛みがありましたが、施術後に解消。手足の冷えも解消してとても喜ばれました。

出産後の手首痛

30代前半の女性

出産後に手首が痛くなった方がいました。赤ちゃんを抱くからだと言われましたが、出産後に子宮がうまく収縮しなかった人に起こる症状のひとつです。実際、この方は赤ちゃんが大きすぎて骨盤が開ききって、産後、腰痛が酷くなっていました。それに伴って、首と肩も硬く凝っていました。

骨盤矯正(仙腸関節の調整、腸骨の調整)と腰周辺の筋肉の張りを緩和し、首肩の調整と手首の関節調整をしたら、腰痛と首肩の凝り、手首の痛みは解消しました。

意外に思われるでしょうが、子宮は手首と関係があるのです。子宮の位置異常(後屈など)がある人は、手首の関節に不具合があります。手首が痛むなど症状にも現れます。その場合は、手首の調整すると、子宮の不具合も改善します。

赤ちゃんが、おっぱいを吸う時の刺激は、ホルモン分泌を促し、産後に広がっている母親の骨盤を引き締め、子宮を収縮させる作用があります。 粉ミルクで育てると、子宮の収縮がうまくいかず、手首も狂いやすくなります。

足首や足そのものと卵巣、手首と子宮など、身体の機能は連動しています。その理由は、最初は一つの受精卵だったのが、分化して数十兆個もの細胞で構成される人体になるからです。全身が関連しあい、つながりあっているのは、当然のことなのです。人の治療は、機械の部品交換のようにはいかないのです。

出産前後に注意したいこと

産後のケア

出産のとき(破水してから)は、早く生もうとか、生まなくてはという気負いがあると、スムーズにいかないようです。赤ちゃんが出たいという意志と身体で感じて、自然のままに(たとえは悪いですが、快便の人がウンコを出すときのように)、してるとお産が楽に経過しやすいそうです。

また、妊娠時に既に腰痛やつわりがある場合は、骨盤が歪んでいる場合が多いので、整体やヨガ、自力整体などで整えておくと、出産が楽になると思います。

出産後は、開ききった骨盤が、左右片側づつ閉じていきます。2~3日(個人差あり)かけて骨盤がちゃんと閉じてから、起き上がるのがベストです。

その見極め方としては、まず、体温計を2個用意しておきます。出産直後から8時間ごとに、左右の腋の下で体温を測ります。例えば、正午に生まれたら、午後8時に1回目の体温を測ります。次は午前4時です。その次は午後12時(正午)、という風に左右の腋の下の体温を測ります。

最初は左右で差があります(人によっては2~3度も違います)が、何度か測っていくうちに左右の体温がそろうことがあります。このように左右の体温がそろうことが3回目になったときが、はじめて身体を起こしてもいいときです。

個人差はありますが、最短で1日(24時間)です。4~6日かかるケースもあるそうです。
起き上がったら、腰や背骨を伸ばします(立ち上がってバンザイするように伸びをします)。それから30分間正座します。それが済んだらトイレなどに立っても問題ありません。

出産後しばらくは、パソコンや読書、テレビなどで、眼を使いすぎないようにしましょう。
このように、出産を行なうと、産後に身体が衰えたり体調を崩すどころか、身体が自然のリズムを取り戻し、腰は美しく反って女性らしく充実し、お乳もたっぷり出るようになります。女性としての魅力が増し、妊娠前より美しくなります。赤ちゃんと添い寝することも大切です。

左右の体温が3回そろう前に起きあがって立って歩いたりすると、左右の骨盤の閉まり方のバランスが崩れ、骨盤がそこで固まってしまいます。

それが原因で太ってしまったり、栄養不足のお乳しか出なかったり、精神的に不安定になったり、腰痛、頭痛、痔などを抱え込んでしまうお母さんも少なくないです。

全て実行するのは難しいかと思いますが、可能な限り、このように出産を経過すれば、母子ともに健康でいられると思います。

出産後の尿漏れを改善する

尿漏れの女性

出産後は、骨盤底筋群(骨盤の下、股の間の筋肉)がゆるみます。ゆるんだままだと、尿漏れや便秘、腰痛、おならをがまんできないなどの症状が出ることもあるので、鍛えましょう。

骨盤底筋群を鍛える方法はカンタンです。肛門を閉める。同時におしっこを止める時に締める感じで締めます。すると膣が収縮するはずです。膣の感覚がわかる方は膣を直接締めてもOKです。椅子に座っても、正座しても、立ったままでも、横になってもできます。

今は大丈夫でも、高齢になって尿漏れする女性は少なくありません。予防のためにも骨盤底筋を鍛えておくことは大切です。

出産後に限りませんが、年齢とともに尿漏れやくしゃみやジャンプしたはずみで失禁する女性は少なくないようです。そんな方にお勧めなのが、恥骨の上の縁を恥骨に内側に向かって押す方法です。女性の外性器、割れ目の上には恥骨結合と呼ばれる骨盤の合わせ目があります。その骨と下腹部の境目のを、恥骨をえぐるように押し込むのです。コツは息を吐きながら押し込み、吸うときに手を緩めることです。痛いほど効果があります。毎日5~10回程度続けてください。

 

 

産後のケアは川越の整体にお任せください!

2017-11-28

Posted by 小林昌弘