消炎鎮痛剤の危険性

消炎鎮痛剤(痛み止め)は自然治癒力を阻害する!

消炎鎮痛剤は、湿布薬にも使われているので、血流を止めるから体を冷やします。痛み物質の生成を抑えた上に冷やせば、痛みを感じなくなりますが、同時に体が治そうという反応も止めてしまいます。したがって、疲労回復も細胞組織の修復もできなくなります。結果として、根本的に治ることができなくなるのです。これが、消炎鎮痛剤の本当の効能です

消炎鎮痛剤は血管を開く物質の生産を阻害する薬なので、血管を閉じるように働きかけます。患部に押し寄せる血流と痛み物質が止められるので、痛み自体は一時的に治まります。しかし、血流を止めているので、壊れた組織の修復も止めてしまいます。

痛み

全身に及ぶ消炎鎮痛剤の副作用

さらに、腰痛、膝痛など各種痛みの治療として処方された消炎鎮痛剤は、血流の抑制という形で働きますが、同時に全身にも影響を及ぼします。消炎鎮痛剤は、体の中に吸収されて全身に回るので、全身の血流が抑制され、血管を閉じ、血圧が上がります。この状態は、1週間とか2週間ぐらい続くだけなら大丈夫ですが、1ヶ月、半年と長期に渡って続くと、強い交感神経緊張症状が発生します。高血圧や不眠などの症状が出るのはこのためです。他にも、肥満のある人なら、糖代謝が上がって糖尿病の発症のリスクが高まります。

腰痛や肩コリなどで、シップ(貼り薬)を使う人は多いと思います。気軽に使われているシップ薬ですが、貼付用の湿布薬の長期使用は大変危険です。

消炎鎮痛貼付薬には、インドメタシンという痛みを感じさせるプロスタグランジンの合成を阻害する成分が入っています。 これが体内に入ると、交感神経を緊張させるので、血行が悪くなり、血液中の顆粒球というのが増えるため、化膿しやすくなり(化膿性の疾患の増加)、 活性酸素も増えるので、細胞組織が壊されたりします。

痛みで辛いときの一時しのぎで短期間使うぶんには、それほど危険はないかも知れませんが、痛み止めで痛みが軽くなっても、体の状態が改善したわけではありません。

慢性痛の解消は、痛み止めではなく、姿勢や体の歪みを整体や体操などで解消し、生活習慣を見直したほうがいいと思います。

副作用の連鎖で増える薬

交感神経は、副交感神経とメリハリのあるリズムでバランスよく交替していれば、元気を出せる状態です。しかし、ずっと交感神経が緊張したまま固定すると、いつも疲れているという状態になり、1日中具合が悪いという結果になってしまいます。すると、さまざまな不定愁訴が現れるので、症状ごとに薬が出され、薬漬け医療がはじまります。高血圧になれば降圧剤、不眠の人には睡眠薬、疲れて常に不安な人には抗不安薬、糖尿病の人には経口糖尿薬と、次々に薬の処方箋が増えていきます。

交感神経が緊張しっぱなしに 

交感神経緊張状態というのは、いつも興奮しているような状態です。まず、脈が速くなります。すると心臓にも負担がかかって、心肥大が起こってきます。さらに血管が閉じるので、すごく体が冷えます。指先がいつも冷たい。夏でも靴下をはかないといけないほどの冷えがでてきます。交感神経緊張状態が持続すると、ありとあらゆる病気がでてくる危険性が高いのです。だから、そういう状態をつくりだす消炎鎮痛剤の服用には、慎重になるべきです。

消炎鎮痛剤は湿布薬、内服薬、座薬といろいろありますが、どういう形で処方されても同じことが起こります。したがって、飲み薬をやめても疲れている状態が治らないようなときは、貼り薬を使っていることもあるわけです。

急性の痛み以外では消炎鎮痛剤は使わない

急性の強い痛みやじっとして動かなくても痛むのは、とても辛いことです。そんな場合に短期間痛み止めを使うのはかまわないと思います。痛みによる苦痛、ストレスの方が心身に悪影響を及ぼすからです。また、打撲や怪我など急性炎症の場合は、激しく起こりすぎる炎症を止めるために消炎鎮痛剤を使い、場合によってはアイシングなどをして冷やすということも必要です。急性期に、限られた必要な時間だけ消炎鎮痛剤を使う分には、問題はありません。

問題となるのは、慢性的な疼痛に長期に渡って使い続けることです。消炎鎮痛剤の長期服用は、だいたい5年から10年間で破綻をきたします。最後には、交感神経緊張状態によって消化管の働きが止められてしまうので、食欲がなくなりやつれ、老化が促進されて寿命を縮めたりという結果につながります。そう考えると、かなり恐ろしい薬です。長期にわたって服用しないようにしましょう。

慢性の腰痛・膝痛などの根治には消炎鎮痛剤を止める

消炎鎮痛剤は消化管の働きを止めるので、服用をやめれば食欲がでてきます。食べることで副交感神経が活性化され、ますます血行が良くなってきます。およそ3週間くらいで細胞組織修復が完了し、腰痛などが解消することが多いようです。

回復への道は、何より消炎鎮痛剤をやめることです。コルセットも運動を阻害して血流を抑制するのでよくありません。 また、消炎鎮痛剤の副作用として、胃が荒れます。そこから連鎖的に悪影響が起こりかねません。消炎鎮痛剤で血流が止まり交感神経が緊張状態になると、交感神経支配下で顆粒球が増えます。顆粒球が増えると粘膜におしかけますから、その結果、胃が壊れるわけですが、顆粒球の増殖は全身でおこっています。本人に自覚症状がないだけで、全身で顆粒球が増加しているので、腰痛が起こっている周辺組織の破壊も進行しているのです。だから、消炎鎮痛剤で胃が荒れた場合、胃薬を出せば済むということにはなりません。胃がやられたときは全身の組織、消化管の粘膜も破壊されているのです。胃の症状だけ緩和しても、解決になりません。

参考文献 「免疫革命」 安保 徹 著 

ロキソニンについて

医療機関でよく使われている解熱消炎鎮痛剤であるロキソニンが、市販薬として発売され、薬局で簡単に入手できるようになってから、使用者がさらに増えてきているようです。厚生労働省が市販を認可した背景には、軽度の症状は、市販薬で自分で治療してもらい、医療費を削減したいからだと思います。

ロキソニンは、非ステロイド抗炎症薬という分類に入る薬で、以前は劇薬扱いでした。主な副作用としては、胃部不快感、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、浮腫・むくみ、発疹、蕁麻疹、眠気、発熱、そう痒感などが報告されています。常用すると特に心配な副作用は、腎障害、肝障害、血流障害などです。

まれに現れる症状としては、・顔が蒼白になる、呼吸がしにくい、冷や汗が出る([ショック、アナフィラキシー様症状)、鼻血が出る、歯ぐきから出血する、手足にあざなどができやすい(溶血性貧血、白血球減少、血小板減少)、・皮膚・粘膜が赤く腫れて発疹や水ぶくれができる、発熱、全身倦怠感(皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症)、・尿の量が減る、むくみ、食欲がない(急性腎不全、ネフローゼ症候群、間質性腎炎)、・呼吸がしにくい、全身がむくむ(うっ血性心不全)、発熱、咳がでる、息苦しい(間質性肺炎)、・血を吐く、便に血が混じる(消化管出血)、・みぞおちの痛み、腹痛(消化管穿孔)、全身がだるい、吐き気がする、皮膚や白目が黄色くなる(肝機能障害、黄疸)、・息苦しい、喘鳴(喘息発作)、・発熱、頭痛、吐き気がする(無菌性髄膜炎)など。

他の消炎鎮痛解熱剤も同様ですが、使用する場合は、これらの副作用を知った上で、服用したほうがいいと思います。痛み止めは、痛みが辛いときの一時しのぎです。身体に負担をかけている生活習慣など、思い当たる原因を考えて、それに対処することが、根本的回復につながりますし、身体を薬害の危険に晒すこともないと思います。

消炎鎮痛剤の常用は回復を妨げる

整形外科で処方される内服薬(飲み薬)の多くは消炎鎮痛剤です。消炎鎮痛剤の中の、非ステロイド系消炎鎮痛剤がよく処方されます。

消炎鎮痛剤には、副作用があります(すべての薬は副作用があると考えたほうがいいです)。

非ステロイド系消炎鎮痛剤の副作用としては、消化管潰瘍があります(胃腸の潰瘍)。当然ながら、消化管潰瘍がある人は服用を控えた方が良いです。ほとんどの病院では消炎鎮痛剤と一緒に胃薬が処方されます。さらに、喘息が誘発されることがあります。当然ながら、喘息のある人は服用を控えた方が良いです。

整体院

身体の不調や怪我を火事に例えると、痛みは火災報知器にあたります。痛み止めは、火災報知器のスイッチを切るだけだから、身体の故障を治すことはできないのです(火事を消すことはできない)。

 

痛み止めを服用して、痛みが消え、怪我や不調が治ることがあるは、身体に自分自身を修復する力=自然治癒力があるからです。痛み止めを飲まなくても治るし、飲まない方が早く治ることが多いです。

痛みが強く続いて辛いとき以外は、できるだけ飲まないほうが回復は早まります。炎症以外の、筋肉の張り凝り、関節の不具合で神経が刺激されて出る痛みには、整体で楽になることが多いです。

 

 

2017-09-05

Posted by 小林昌弘