更年期障害の原因と解消法

更年期障害の原因と解消法

更年期障害

更年期とは、女性が中年期から老年期に移る時期のことです。一般的には、平均で51歳と言われる閉経年齢の前後数年から10年間をさすようです。

かつては、閉経の前後5年くらいと言われてたので、最近は更年期の幅が広がり若年化の傾向があるようです。

更年期症状がなぜ起こるのかというと、個人差はありますが45歳くらいから卵巣から分泌される女性ホルモンが減少しだし、生理不順がはじまります。卵巣の女性ホルモンは、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンによって分泌されますが、減少した女性ホルモンをもっと分泌させようとして性腺刺激ホルモンの分泌が盛んになります。

女性ホルモンが減少し、性腺刺激ホルモンは増加するので、ホルモンバランスが乱れ、それによって自律神経も乱れます。その結果、さまざまな不調が起こるというわけです。

更年期障害の症状

【生殖系】

月経異常(生理不順)、性欲低下など

【筋肉骨格系】

筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛など

【血管系】

多汗、冷え性、顔のほてり、動悸など

【消化管系】

下痢、便秘、食欲不振、胃もたれなど

【精神神経系】

不眠、めまい、頭痛、うつ、立ちくらみなど

【泌尿器系】

排尿痛、頻尿、残尿感、尿失禁など

【感覚系】

視力低下、しびれ、知覚過敏など

更年期になり、これらの症状が出てきて病院を受診し、さまざまな検査でも原因がはっきりしない場合は、更年期障害と診断されることが多いようです。

生理の時は骨盤の弾力性を取り戻すチャンスですが、更年期には生理そのものが無くなってくるので、骨盤はますます動きづらくなります。

すると脚に影響が現れます。足首が堅くなり、膝が衰え、歩行や階段の昇降が辛くなったりします。腰もだるくなり、行動力がにぶくなり、気持ちが滅入ってうつ症状が出ることもあります。

更年期障害の典型的な症状のひとつである、ほてり、冷感は、骨盤の弾力性が衰えた影響が、首の骨(頚椎)にまで及んだためです。

更年期障害は生理現象

更年期は正常な生理現象であり、病気ではありません。女性ホルモンが低下したからといって、女性ホルモンを投与しても、症状の改善があっても一時的ですし、その副作用はあります。

更年期に不調が現れる根本的な原因は、骨盤の弾力性、柔軟性の低下です。女性の健康を支えているのは、動きのいい骨盤だからです。本来女性が持っている骨盤の可動性を取り戻せば、更年期の症状を軽くしたり解消したりできるのです。

骨格の中心部には骨盤があります。この骨盤は、全身への影響力があります。 特に女性の骨盤は、健康状態と密接に関係しています。

出産経験のある方なら、自然から離れた出産の仕方の影響が、更年期障害として出ている可能性があります。出産方法と出産後の調整の有無によって、更年期の不調の有無、程度に影響が出ます。出産後の調整を怠ると、骨盤の左右のバランスが崩れたまま固まってしまい更年期に影響を及ぼすことがあります。

女性は骨盤を整えると不調が解消する

女性は骨盤の調子を整えると、頭痛も腰痛もイライラなどが解消します。 その他には、生理痛や生理不順、更年期障害など、女性に特有の不調解消にも 骨盤調整は効果が期待できるのです。

整体で歪んで動きの鈍くなっている骨盤を矯正、調整して、元気な女性になりましょう。

整体で更年期障害を解消しませんか? ご相談もお気軽に!

不調はがまんせず、今すぐお電話を!
049-223-2017
外出中のときは携帯へ 050-3396-3720(小林)
電話受付時間/9:00~20:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
メール・チェックは夜と朝の2回だけです。お急ぎの方はお電話で…

スマホからのご予約電話はここをタップしてください!

………………………………………………………………………………………………………..

●出張整体などで外出している場合があります。留守番電話にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
●施術中はゆっくりお話できません。電話番号をお伝え下されば、後ほど連絡さしあげます。
■ヒロ自然療法院/所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201

ネットでのご予約/ご相談はこちらからどうぞ!
予約ボタン
………………………………………………………………………………………………………..