更年期障害を楽にする整体

整体でなぜ更年期障害が改善するか?

女性は骨盤を整えると不調が解消

女性は整体で骨盤の調子を整えると、頭痛も腰痛もイライラなどが解消します。 その他には、生理痛や生理不順、更年期障害など、女性に特有の不調解消にも 骨盤調整は効果が期待できるのです。

更年期に不調が現れる根本的な原因は、主に卵巣機能の低下による女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって体内のバランスが乱れるからです。ホルモンバランスと自律神経のバランスは密接に関係しています。なので、更年期の女性は、女性ホルモンが乱れて自律神経失調状態になりがちです。

整体的には、それに伴って骨盤の弾力性、柔軟性が低下するため、様々な症状が出ると考えられます。女性の健康を支えているのは、動きのいい骨盤だからです。骨格の中心部には骨盤があります。この骨盤は、全身への影響力があります。 特に女性の骨盤は中に子宮と卵巣が位置しているため、女性としての健康状態と密接に関係しています。

当院の整体では、骨盤矯正と自律神経のバランスを整える施術も行います。整体で自律神経のバランスが整い、女性が本来持っている骨盤の可動性を取り戻せば、更年期の症状を軽くしたり解消したりできるのです。歪んで動きの鈍くなっている骨盤を矯正して、更年期の不調から解放されませんか?

更年期とは?

更年期とは、女性が中年期から老年期に移る時期のことです。一般的には、平均で51歳と言われる閉経年齢の前後数年から10年間をさすようです。

かつては、閉経の前後5年くらいと言われてたので、最近は更年期の幅が広がり若年化の傾向があるようです。

更年期障害は、一般的には40代後半から50代前半に発症すると言われてますが、今は更年期障害が出る年齢の幅が広くなり若年化しているようです。

閉経は卵巣の働きが弱って起こる自然な体の摂理です。体内のホルモン環境が大きく変化し、自律神経中枢にも変化が起きます。それが心身の状態を変えるわけですが、更年期に入ったからと言って、全員が更年期障害に悩まされるわけではありません。

更年期障害の原因について

更年期症状がなぜ起こるのかというと、個人差はありますが45歳くらいから卵巣から分泌される女性ホルモンが減少しだし、生理不順がはじまります。卵巣の女性ホルモンは、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンによって分泌されますが、減少した女性ホルモンをもっと分泌させようとして性腺刺激ホルモンの分泌が盛んになります。

女性ホルモンが減少し、性腺刺激ホルモンは増加するので、ホルモンバランスが乱れ、それによって自律神経も乱れます。その結果、さまざまな不調が起こるというわけです。

整体では更年期障害をどう観るか?

更年期障害の原因を整体的に観ると、根本に骨盤の弾力性と柔軟性の低下があるようです。女性としての健康や生命力を支えている重要な柱が、動きの良い骨盤です。

(更年期になり)骨盤の動きが悪くなると、脚に影響が出てきます。足首が硬くなり、膝が衰え、階段の昇降や歩行にも支障が出てきます。それと腰がだるくなり、行動力がにぶくなり、気持ちが滅入ってきます。それが高じるとうつ症状におちいることもあります。

精神面にも不調が出るようになると、過食がはじまることがあります。体の欲求とは関係なく、食べることで心の隙間を満たそうとする異常食欲です。骨盤の開閉運動が不調な状態で過食すれば、肥満が加速します。それが脚・腰の負担を増やし、内臓にまで悪影響をおよぼします。

生理の時は骨盤の弾力性を取り戻すチャンスですが、更年期には生理そのものが無くなってくるので、骨盤はますます動きづらくなります。

すると脚に影響が現れます。足首が堅くなり、膝が衰え、歩行や階段の昇降が辛くなったりします。腰もだるくなり、行動力がにぶくなり、気持ちが滅入ってうつ症状が出ることもあります。

更年期障害の典型的な症状のひとつである、ほてり、冷感は、骨盤の弾力性が衰えた影響が、首の骨(頚椎)にまで及んだためです。

自分の生活習慣が、体の自然な働きに沿ってない、逆らっていると、様々な不調や症状や病気が現れます。医師や治療家、薬に頼るのでなく、自分の体と向き合い、体には自らを治す力があることを自覚すれば、体はちゃんとそれに応えてくれます。

更年期(障害)は生理現象

更年期は正常な生理現象であり、病気ではありません。女性ホルモンが低下したからといって、女性ホルモンを投与しても、症状の改善があっても一時的ですし、その副作用はあります。

出産経験のある方なら、自然から離れた出産の仕方の影響が、更年期障害として出ている可能性があります。出産方法と出産後の調整の有無によって、更年期の不調の有無、程度に影響が出ます。出産後の調整を怠ると、骨盤の左右のバランスが崩れたまま固まってしまい更年期に影響を及ぼすことがあります。

更年期障害の症状

【生殖系】

月経異常(生理不順)、性欲低下など

【筋肉骨格系】

筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛など

【血管系】

多汗、冷え性、顔のほてり、動悸など

【消化管系】

下痢、便秘、食欲不振、胃もたれなど

【精神神経系】

不眠、めまい、頭痛、うつ、立ちくらみなど

【泌尿器系】

排尿痛、頻尿、残尿感、尿失禁など

【感覚系】

視力低下、しびれ、知覚過敏など

更年期になり、これらの症状が出てきて病院を受診し、さまざまな検査でも原因がはっきりしない場合は、更年期障害と診断されることが多いようです。

整体で更年期障害が改善した施術例

40代後半の女性
ほてり、発汗、倦怠感、足の冷え、意欲減退、お腹が張る、首・肩コリ、腰痛、背中痛、顔の違和感などが、基本的には解消!

上記の症状で何年もお悩みの女性の施術例です。40代半ばの頃、子宮筋腫と言われ、手術で子宮を摘出してから、更年期障害に悩まされるようになったそうです。

原因は、それ以外にも、仕事上のストレスやあまり休みが取れないので過労気味というのもあったようです。

病院に通院し、食事療法を指導してる治療院にも通い、薬やサプリメントも服用してますが、多少は症状が軽減するものの、根本的には心身ともに楽でない辛い状態が続いていました。

副腎や肝臓も疲れていて、機能が低下してる様子が診られたので、骨盤と背骨の歪みを矯正した後で、肝臓と副腎の機能回復手技を施しました。

症状の種類が多岐に渡っていましたが、基本は体の歪みを矯正しバランスを整えた上で、機能低下してる内臓を調整し、血流を良くすることで、全ての症状は改善に向かいはじめました。

まず最初に解消したのは、腰痛と背中の張りです。肩コリは仕事がら下を向いて作業してることが多いので、仕事が終わった後は、多少なりとも疲労感と凝りは感じているものの、通院する前と比べれば、程度はかなり軽くなっていきました。

顔のほてりと発汗は、改善はしたものの、かなり後まで(通院開始から2~3ヶ月)残りましたが、3ヶ月を過ぎる頃から、ほぼ解消していきました。

体調が良くなるにつれて、仕事への意欲も戻ってきて、以前より仕事が辛いとは感じなくなったと喜ばれました。

上記の症状が基本的にはほぼ解消したので、12回ほどで、治療的な施術は終了しました。

現在は、月に1回ほど、回復した健康を維持したり、その都度発生する凝りや違和感や疲労感を解消するために、通院されてます。

川越の整体で更年期障害を解消しませんか?

……………………………………………………………….
●外出している時は留守電にメッセージをお願いします。
●施術中ですぐには応答できない場合があります。
■住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………….